2009年12月 中央競馬(JRA)重賞攻略情報サイト
競馬予想サイトに関する情報から競馬予想攻略法に関する競馬攻略情報ポータルブログ。 サイトマップ]

JRA中央競馬重賞攻略情報サイト



競馬予想情報でパソコンや携帯から競馬予想を攻略して万馬券を的中させたい人に
競馬予想情報から競馬軸馬予想攻略について掲載した競馬攻略情報ポータルサイト。
重賞レース(G1・G2・G3)の競馬軸馬予想情報からレース着順・組合せ予想情報公開。


                                        ちょっとおいしい競馬攻略@情報図鑑-最新RSSFeed記事一覧
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カテゴリ:|スポンサー広告


第54回 有馬記念(グランプリ)(G1)/重賞予想
入賞馬予想表
注目馬
穴馬軸
注目馬    △10 スリーロールス穴馬 3 ミヤビランベリ ,12 テイエムプリキュア
入賞軸
本命馬
    2 ブエナビスタ    →    9 ドリームジャーニー    →    16 フォゲッタブル
連帯軸
推奨馬
    14 セイウンワンダー  8リーチザクラウン  10 スリーロールス  11 イコピコ  3 ミヤビランベリ
軸馬別
データ

[第54回 有馬記念(グランプリ)(G1)/2009/12/27(日) 発走 15:25/レース統計データ]

 ・競馬ファンによる人気投票で選ばれた人気馬・強豪馬が集う年末最後を代表する競馬のドリームレース。

 ・過去10年間で単勝1番人気の馬が6勝を挙げ、2008年度には3連単払戻し98万5580円の高配当が出た。

 ・いままで看板競走だった中山大障害(J・GI)に代わる看板レースで優勝馬はグランプリホースと呼ばれる。 

 ・総額獲得賞金も国内で開催される重賞競争の中でジャパンカップ(GI)に次いで2番目に賞金金額が高い。

[前走レース[ジャパンカップ(GI)]出走組]

 ・過去10年間の出走馬143頭中の4割強に当たる63頭が前走レースで[ジャパンカップ(GI)]に出走していた。

 ・前走レースにおいて[ジャパンカップ(GI)]出走だった競争馬で[3着以内]好走馬は連対率が42.1%と優秀。

 ・[その他レース組]は[ジャパンカップ組]に比べ勝率・連対率で劣るが3着内率は[その他レース組]が優勢。

 ・例外で、2008年に単勝14番人気で2着入賞「アドマイヤモナーク」は前走[ジャパンカップ(GI)]で12着だった。

[好成績を挙げている馬の特徴]
 
 ・前評判が高かった馬でも前走レースにおいて3着以内に入賞を挙げられなかった競争馬は入賞率が低い。

 ・レースで先行して逃げ切る[逃げ馬]よりも、レース最終直線で追い込みを掛ける[差し馬]が入賞率は高い。

 ・枠番号別スタートゲートコース成績は[1~4枠]馬は3着内率が30.8%、[5~8枠]馬は3着内率12.8%だった。

 ・過去10年間の間に3着以内に入賞した競走馬30頭中23頭の馬体重は[480kg以上]の大型馬ばかりだった。

 ・優勝馬の中で[480kg未満]の優勝馬は2006年の有馬記念で優勝の「ディープインパクト(438kg)」だけだった。

 ・2002,2003年の有馬記念連覇の「シンボリクリスエス」はデビュー以来520kgを切った事がない大型馬だった。

[前走出走レース別成績統括データ]

 ・過去10年間の間で[3着以内]に入賞した30頭中24頭の出走馬は前走が重賞競争[GI・JpnI]出走馬だった。

 ・前走レースが[GI・JpnI]以外のレースに出走した馬の競争成績は[1-3-2-38]で3着内率13.6%だった。

 ・2004年2着「タップダンスシチー」と2006年2着「ポップロック」は前走レース[GI・JpnI]以外の[海外G1]だった。

[前走出走レース別統計データ]

 ・前走レースが[海外レース]だった出走馬は、勝率0%,連対率50.0%,3着内率50.0%。

 ・前走レースが[ジャパンカップ]の出走馬は、勝率9.5%,連対率15.9%,3着内率20.6%。

 ・前走レースが[その他レース]だった出走馬は、勝率5.0%,連対率12.5%,3着内率21.3%。

[前走レースグレード別統計データ]

 ・前走レースが[G1・Jpn1]だった出走馬は、勝率9.1%,連対率16.2%,3着内率24.2%。

 ・前走レースが[G2・Jpn2]だった出走馬は、勝率4.2%,連対率4.2%,3着内率12.5%。

 ・前走レースが[G3・Jpn3]だった出走馬は、勝率0%,連対率7.7%,3着内率7.7%。

[前走レースグレード別出走統計データ]

 [前走レース:JRAGI・JpnIだった競走馬]

   1 アンライバルド  2 ブエナビスタ  4 マイネルキッツ  5 コスモバルク  6 エアシェイディ

   7 マツリダゴッホ   8 リーチザクラウン   9 ドリームジャーニー   10 スリーロールス

  12 テイエムプリキュア          14 セイウンワンダー          15 ネヴァブション

 [前走レース:JRAG2・Jpn2だった競走馬]

  3 ミヤビランベリ    16 フォゲッタブル

 [前走レース:JRAG3・Jpn3だった競走馬]

  11 イコピコ      13 シャドウゲイト

[出走馬馬体重別統計データ]

 [馬体重480kg~]

  3 ミヤビランベリ   4 マイネルキッツ   5 コスモバルク    6 エアシェイディ   7 マツリダゴッホ

  8 リーチザクラウン 12 テイエムプリキュア 13 シャドウゲイト 15 ネヴァブション 16 フォゲッタブル

 [馬体重480kg未満]

  1 アンライバルド    2 ブエナビスタ    9 ドリームジャーニー    10 スリーロールス

  11 イコピコ       14 セイウンワンダー 

[競走馬別ピックアップデータ]

 [馬番:1 アンライバルド]  … 強豪馬を差し置いて今年度の「皐月賞」の重賞タイトル1位を獲得した3歳牡馬。

 [馬番:2 ブエナビスタ]   … 今年度出走レース全て入賞。前走成績はG1-3着,G1-3着,1着で期待の本命◎。

 [馬番:4 マイネルキッツ]  … [JRA・GI]レース出走経験は有るが前走成績G1-8着,G2-7着,G1-7着,G1-1着。

 [馬番:5 コスモバルク]   … 前走レースでは地方レース以外は未入賞。人気投票で選ばれた人気馬。穴馬。

 [馬番:6 エアシェイディ]  … 前走成績はG1-5着,G1-8着,G3-4着,G2-5着で入賞軸本命馬としては予想外。

 [馬番:7 マツリダゴッホ]  … 前走成績はG1-17着,G2-1着,G2-9着,G2-7着で入賞軸本命馬として×予想。

 [馬番:8 リーチザクラウン] … 前走成績はG1-9着,G1-5着,G2-2着,G1-2着で入賞軸本命馬としては△予想。

 [馬番:9 ドリームジャーニー]… 前走成績はG1-6着,G2-2着,G1-1着,G1-3着で入賞軸本命馬としては◎予想。

 [馬番:11 イコピコ]     … 前走成績はG3-4着,G1-4着,G2-1着で入賞まであと一歩。連帯可能性は有り。

 [馬番:13 シャドウゲイト] … 前走成績はG3-10着,G2-11着,G3-7着で入賞軸本命馬としては絡まない×。

 [馬番:14 セイウンワンダー] … 前走成績はG1-3着,G2-3着,G1-13着,G1-3着。連帯馬としての期待は大。

 [馬番:15 ネヴァブション]  … 前走成績はG1-10着,G1-13着,G2-7着,G2-1着。G1成績が悪く期待は薄い。

 [馬番:16 フォゲッタブル]  … 前走成績はG2-1着,G1-2着,G2-3着,-2着と入賞軸本命馬として◎予想。

注目馬 / レース出走馬注目馬情報

 [馬番:10 スリーロールス] … 前走成績はG1(菊花賞)-1着,G2-1着。菊花賞1着をさらってった波乱の新生馬。

穴馬軸 / レース出走馬穴馬軸情報

 [馬番:3 ミヤビランベリ]  … [JRA・GI]レース出走経験は無いが前走成績はG2-1着,G2-14着の成績。穴馬。

 [馬番:12 テイエムプリキュア]… 前走成績はG1-2着,G2-14着,G1-18着。前走女王杯(GI)2着で可能性有り。

中山競馬場 10R G1重賞レース予想/買い目・馬券

 単勝式,複勝式勝馬券: 2 ,9 ,16  ワイド勝馬券: 2-9・16 ,9-16 (3通り)  枠連式勝馬券: -

 馬単式: 2-8・9・11・14・16 ,9-2・8  (7通り)    馬連式: 2-8・9・11・14・16 ,9-16  (6通り)

 三連複: 2-9-10・14・16 ,9-14-16 ,2-8-9   三連単: 2=9-16 ,2-16-9 ,9-10-11

 ◆  Box=ボックス買い F=フォーメーション M1=一頭軸マルチ M2=二頭軸マルチ =穴馬券

予想管理人の購入予定馬券

 単勝: -    複勝: -      枠連: -

 ワイド: 2-9・16 ,9-16 (3通り)

 馬単: 2-8・9・11・14・16 ,9-2・8 (7通り)

 馬連: 2-8・9・11・14・16 ,9-16  (6通り)

 三連複: 2-9-10・14・16 ,9-14-16 ,2-8-9  (5通り)

 三連単: 2=9-16 ,2-16-9 ,9-10-11     (4通り)

管理人予想評価/レース配当結果

 JRA(日本中央競馬会)の重賞競争の年末最後の締め括りとなるG1注目レースでファン投票によって出走馬

 を選出するオールスターレース方式によるビッグレースなだけあって、人気に併せて実力も負けず劣らずの

 人気馬・強豪馬が勢揃いするドリームレースと呼ばれる競争は競馬ファンを含め開催される競馬の中で最も

 盛り上がり重賞レースで投票される勝馬投票券の売り上げ金額もギネス記録に登録されるほど売り上げも

 競争する出走馬達へ送られる熱気と声援も最高潮に達するG1重賞競争と言っても過言はないレースです。

 看板競走だった中山大障害に代わり、また、競走名の副題から優勝馬はグランプリホースとも呼ばれます。 

レース着順、3連単/配当金額

 レース予想 : 2=9-16  配当金額 : 不的中,(馬単,馬連,ワイド)的中

 レース結果 : 9-2-6  配当金額 : 18,890円  27番人気

的中馬券画像

 2009/12/27(日)/第54回 有馬記念(グランプリ)(G1)/中山競馬10R 2500m芝 サラ系3歳以上・オープン/馬単的中馬券  2009/12/27(日)/第54回 有馬記念(グランプリ)(G1)/中山競馬10R 2500m芝 サラ系3歳以上・オープン/馬連的中馬券  2009/12/27(日)/第54回 有馬記念(グランプリ)(G1)/中山競馬10R 2500m芝 サラ系3歳以上・オープン/ワイド的中馬券

第54回 有馬記念(グランプリ)(G1)/出馬票・出走表
出馬票・出走表
枠番馬番馬名性齢騎手調教師成績オッズ
11アンライバルド牡3M.デムーロ友道 康夫(栗東)(4.0.1.3)■13.9
12ブエナビスタ牝3横山 典弘松田 博資(栗東)(5.1.3.0)■3.6
23ミヤビランベリ牡6吉田 隼人加藤 敬二(栗東)(7.1.5.7)■13.5
24マイネルキッツ牡6三浦 皇成国枝 栄(美浦)(6.7.2.17)■26.7
35コスモバルク牡8五十嵐 冬樹田部 和則(本会外)(4.4.0.26)■56.2
36エアシェイディ牡8後藤 浩輝伊藤 正徳(美浦)(7.9.4.14)■36.6
47マツリダゴッホ牡6蛯名 正義国枝 栄(美浦)(10.2.1.12)■8.9
48リーチザクラウン牡3武 豊橋口 弘次郎(栗東)(3.4.0.3)■13.2
59ドリームジャーニー牡5池添 謙一池江 泰寿(栗東)(8.2.3.10)■5.1
510スリーロールス牡3浜中 俊武 宏平(栗東)(4.1.0.6)■12.6
611イコピコ牡3内田 博幸西園 正都(栗東)(4.0.1.5)■11.4
612テイエムプリキュア牝6熊沢 重文五十嵐 忠男(栗東)(4.1.1.25)■53.9
713シャドウゲイト牡7田中 勝春加藤 征弘(美浦)(5.5.1.17)■90.4
714セイウンワンダー牡3藤田 伸二領家 政蔵(栗東)(3.1.3.2)■15.6
815ネヴァブション牡6北村 宏司伊藤 正徳(美浦)(7.1.3.19)■54.1
816フォゲッタブル牡3C.ルメール池江 泰郎(栗東)(3.3.1.4)■10.8

レース結果/払戻金・レース順位
配当金(払戻金)
単勝9400円2番人気枠連1-5510円1番人気
複勝9
2
6
150円
140円
380円
2番人気
1番人気
9番人気
ワイド2-9
6-9
2-6
320円
830円
1,400円
1番人気
6番人気
19番人気
馬連2-9740円1番人気馬単9-21,510円2番人気
3連複2-6-95,460円10番人気3連単9-2-618,890円27番人気

[各データ用語別解説]
注目馬  ・・・重賞/一般レースにおいて注目すべき注目馬の事。 ◎本命・○連帯・▲穴馬・△対抗の順に記号を掲載。 

穴馬軸  ・・・本命馬(軸馬)と連帯して入賞すれば十万馬券に化ける一攫千金の可能性がある穴馬。完全万馬券狙い。

入賞軸本命馬  ・・・重賞/一般レースにおいて枠内へ入賞が確実視される予想の要になる本命馬(軸馬)を3頭まで掲載。

連帯軸推奨馬  ・・・入賞軸本命馬に絡んで枠内へ入賞の可能性がある連帯の可能性がある連帯馬について3頭掲載。

軸馬別データ  ・・・注目馬/穴馬/入賞軸本命馬/連帯軸推奨馬に該当する各競走馬について競馬予想注目情報掲載。

馬券別買い目  ・・・予想管理人が出馬表データに基づき予想した各レース毎の勝馬投票券の推奨買い目を掲載する項。

配当金(払戻金) ・・・レースにおいて確定した勝馬投票券の着順番号と勝馬投票券の払戻し金額結果を掲載する一覧表。

スポンサーサイト

第26回 ラジオNIKKEI杯2歳ステークス(Jpn3)/重賞予想
入賞馬予想表
注目馬
穴馬軸
注目馬    13 コスモファントム穴馬    15 サクラエルドール
入賞軸
本命馬
    3 ヴィクトワールピサ    →    5 メイショウホンマル    →    -
連帯軸
推奨馬
    13 コスモファントム   1 ヒルノダムール   15 サクラエルドール   14 エーシンウェズン
軸馬別
データ

[第26回 ラジオNIKKEI杯2歳ステークス(Jpn3)/2009/12/26(土) 発走 15:45/レース統計データ]

 ・[ラジオNIKKEI杯2歳S(Jpn3)]重賞は1984~1990年、牝馬限定[ラジオたんぱ杯3歳牝馬S]で行われていた。

 ・[ラジオNIKKEI杯2歳ステークス(Jpn3)]重賞競争はその後を決定付ける重賞馬の出世レースとして名高い。

 ・[ラジオNIKKEI杯2歳S(Jpn3)]重賞は過去優勝馬の25頭中9頭が後の[GI・JpnI]表彰台で勝利の錦で飾った。

[第26回 ラジオNIKKEI杯2歳ステークス(Jpn3)/GI馬、輩出データ]

 ・2000年度[ラジオNIKKEI杯2歳S(Jpn3)]を2位の「ジャングルポケット」は日本ダービー(東京優駿)を優勝した。

 ・2003年度[ラジオNIKKEI杯2歳S(Jpn3)]優勝「コスモバルク」は2006年シンガポール航空国際C(国際G1)制覇。

 ・2006年度[ラジオNIKKEI杯2歳S(Jpn3)]2位の「ヴィクトリー」も「皐月賞」勝利と13頭[GI・JpnI]覇者が誕生した。

[前走レース成績別統計データ]

 ・前走レース統計を見ると前走レースクラスが[オープン競争]でかつ[入賞圏内に連対]していた出走馬が◎。

 ・前走レースが[2着以内]だった馬で前走[重賞競争,OP・特別]に出走した馬は連対率50%、3着内率61.1%。

 ・前走レースが[3着以下]だった出走馬のうち[ラジオNIKKEI杯2歳S(Jpn3)]で3着以内に入賞を果たしたのは

  1999年「ラガーレグルス」(前:朝日杯3歳S7着)と2007年「サブジェクト」(前:朝日杯フューチュリティS13着)のみ。

[前走レース過去成績別統計データ]

 ・過去10年間の間で前走レースが[1着入賞]だった馬は勝率85.6%、連対率74.2%、3着内率62.9%と優秀。

 ・過去10年間の間における3着以内入賞馬の30頭中28頭は、前走レースにおいて[2着以内]と好走していた。

 ・過去10年間において[3着以内馬]30頭中25頭について前走レース通算出走回数が[4戦以内]の馬が8割。

[前走レース通算出走回数別統計データ]

 ・前走レース通算出走回数が[4戦以内]だった馬は、連対率18.6%、3着内率29.1%。

 ・前走レース通算出走回数が[5戦以上]だった馬は、連対率10.0%、3着内率12.5%。

 ・前走レース通算出走回数が多い馬よりも、レース出走経験が浅い期待の新馬に注目するのが◎。

[スタートコース別レース統計データ]

 ・阪神・芝2000mは1コーナー迄の距離が短くコース別過去成績からも外枠スタート馬は選外とした方が無難。

 ・過去10年間において、優勝を果たした出走馬10頭のスタートゲートコース位置は全て[1番~9番]枠だった。

 ・過去10年間において、2,3着馬の[8割]にあたる16頭のスタートゲートコース位置も[1番~9番]枠だった。

 ・過去10年間において[10番~16番]枠のコース別成績を見ると優勝0回,2着入賞3回,3着入賞1回と微妙。

[競走馬別レース/ピックアップデータ]

 [馬番:1 ヒルノダムール]    … 内枠コ-ス出走。前走成績1着で成績良好。内枠出走で入賞可能性有り。

 [馬番:3 ヴィクトワールピサ] … 武豊騎手が騎乗する。成績もレース統計データから2着内に入ると予想。

 [馬番:5 メイショウホンマル] … 2着入賞の本命馬軸馬。前走「京都2歳S」でヴィクトワールピサに負け2着。

注目馬 / レース出走馬注目馬情報

 [馬番:13 コスモファントム]  … 前走「萩ステークス」1着、前々走「野路菊ステークス」2着と入賞成績上位。

穴馬軸 / レース出走馬穴馬軸情報

 [馬番:15 サクラエルドール] … 前走「百日草特別」1着、前々走「新馬戦」1着で良好だが外枠なので穴馬。

阪神競馬場 11R Jpn3重賞レース予想/買い目・馬券

 単勝,複勝式勝馬券: 3 ,5 ,13  ワイド勝馬券: 3-5 ,3-13 ,5-13  枠連式勝馬券: -

 馬単式勝馬券: 3=5 ,3-13    馬連式勝馬券: 3-5 ,3-13 ,5-13

 三連複勝馬券: F 3-5-13・1 (2通り)  三連単勝馬券: 3=5-13 ,3-13-5 ,3-5-1 (4通り)

 ◆  Box=ボックス買い F=フォーメーション M1=一頭軸マルチ M2=二頭軸マルチ =穴馬券
  
予想管理人の購入予定馬券

 単勝: - ,  複勝: - ,    枠連: - ,  ワイド: 3-5 ,3-13 ,5-13

 馬単: 3=5 ,3-13         馬連: 3-5 ,3-13 ,5-13

 三連複: F 3-5-13・1 (2通り)   三連単: 3=5-13 ,3-13-5 ,3-5-1 (4通り)

管理人予想評価/レース配当結果

 2歳新馬戦のレースは予想立てが難しいのが通説であり、新馬の中の荒くれ馬が集うレース予想において

 1番人気馬がレースの中心軸馬として必ず入賞してくる訳ではないので予想立てが難しいと思われましたが

 新馬の中でもその年の錦を飾る姿が垣間見える様な圧倒的な強さと人気を背負った「3ヴィクトワールピサ」

 や「13コスモファントム」がいた事もあって馬単,馬連,拡大馬番連勝式(ワイド)馬券を的中させられました。

レース着順、3連単/配当金額

 レース予想 : 3-13-5  配当金額 : 不的中,(馬単,馬連,ワイド)的中

 レース結果 : 3-13-4  配当金額 : 7,040円  19番人気

的中馬券画像

 2009/12/26(土)/第26回 ラジオNIKKEI杯2歳ステークス(Jpn3)/阪神競馬11R 2000芝 サラ2歳混合・オープン/馬単的中馬券 2009/12/26(土)/第26回 ラジオNIKKEI杯2歳ステークス(Jpn3)/阪神競馬11R 2000芝 サラ2歳混合・オープン/馬連的中馬券 2009/12/26(土)/第26回 ラジオNIKKEI杯2歳ステークス(Jpn3)/阪神競馬11R 2000芝 サラ2歳混合・オープン/ワイド的中馬券

第26回 ラジオNIKKEI杯2歳ステークス(Jpn3)/出馬票・出走表
出馬票・出走表
枠番馬番馬名性齢騎手調教師成績オッズ
11ヒルノダムール牡2藤田 伸二昆 貢(栗東)(1.1.0.0)■人気
12ディアブラスト牡2武 幸四郎宗像 義忠(美浦)(1.0.1.2)■人気
23ヴィクトワールピサ牡6武 豊角居 勝彦(栗東)(2.1.0.0)■人気
24ダノンシャンティ牡2内田 博幸松田 国英(栗東)(1.0.0.0)■人気
35メイショウホンマル牡2池添 謙一西浦 勝一(栗東)(1.1.0.0)■人気
36エクセルサス牡2川田 将雅石坂 正(栗東)(1.0.0.0)■人気
47アドマイヤテンクウ牡2岩田 康誠松田 博資(栗東)(1.0.1.1)■人気
48ヘイダーリン牡2佐藤 哲三平井 雄二(美浦)(1.0.0.0)■人気
59タニノエポレット牡2M.デムーロ村山 明(栗東)(1.0.0.2)■人気
510アドマイヤプリンス牡2安藤 勝己松田 博資(栗東)(1.0.0.1)■人気
611マストハブ牡2四位 洋文笹田 和秀(栗東)(1.0.0.1)■人気
612アイウォントユー牡2幸 英明梅田 康雄(栗東)(1.0.1.3)■人気
713コスモファントム牡2和田 竜二宮 徹(栗東)(2.1.2.0)■人気
714エーシンウェズン牡2小牧 太野中 賢二(栗東)(1.1.0.0)■人気
815サクラエルドール牡2藤岡 佑介友道 康夫(栗東)(2.0.0.0)■人気

レース結果/払戻金・レース順位
配当金(払戻金)
単勝3160円1番人気枠連2-7450円1番人気
複勝3
13
4
110円
150円
450円
1番人気
2番人気
7番人気
ワイド3-13
3-4
4-13
220円
630円
2,040円
1番人気
6番人気
23番人気
馬連3-13450円1番人気馬単3-13610円1番人気
3連複3-4-132,190円7番人気3連単3-13-47,040円19番人気

[各データ用語別解説]
注目馬  ・・・重賞/一般レースにおいて注目すべき注目馬。 ◎本命・○連帯・●穴馬・△対抗・▲穴単の順に記号掲載。

穴馬軸  ・・・本命馬(軸馬)と連帯して入賞すれば十万馬券に化ける一攫千金の可能性がある穴馬。完全万馬券狙い。

入賞軸本命馬  ・・・重賞/一般レースにおいて枠内へ入賞が確実視される予想の要になる本命馬(軸馬)を3頭まで掲載。

連帯軸推奨馬  ・・・入賞軸本命馬に絡んで枠内へ入賞の可能性がある連帯の可能性がある連帯馬について3頭掲載。

軸馬別データ  ・・・注目馬/穴馬/入賞軸本命馬/連帯軸推奨馬に該当する各競走馬について競馬予想注目情報掲載。

馬券別買い目  ・・・予想管理人が出馬表データに基づき予想した各レース毎の勝馬投票券の推奨買い目を掲載する項。

配当金(払戻金) ・・・レースにおいて確定した勝馬投票券の着順番号と勝馬投票券の払戻し金額結果を掲載する一覧表。


第132回 中山大障害 農林水産省賞典 (J・GI)/重賞予想
入賞馬予想表
注目馬
穴馬軸
注目馬    14 メルシーエイタイム穴馬    10 ドングラシアス
入賞軸
本命馬
    5 テイエムトッパズレ     →    7 キングジョイ     →    14 メルシーエイタイム
連帯軸
推奨馬
     1 オープンガーデン   4 モルフェサイレンス   3 トウカイポリシー   6 ドールリヴィエール
     13 バトルブレーヴ   10 ドングラシアス
軸馬別
データ

[第132回 中山大障害 農林水産省賞典 (J・GI)/2009/12/26(土) 発走 14:40/レース統計データ]

 ・レースは10頭未満の出走開催が多かったが、1999年よりグレード表記が開始され出頭頭数が増加した。

 ・障害レースは平地レースと比べて走行距離が4100メートルと一般レースの二倍弱の距離で開催される。

 ・障害物は大竹柵(ちくさく),6度の谷越えやバンケット(坂路),様々な障害があり強靭なスタミナが問われる。

 ・大生垣(いけがき)や竹柵(ちくさく)の障害物の他に6度の谷越えやバンケットがコース中に設置されている。

 ・人気馬が決して勝つ訳ではなく障害物を越える事が難しいので予想立ても難しく波乱レースとなりやすい。

 ・中央競馬(JRA)開催の重賞グレードレースの中では唯一11R(メインレース)で施行されないG1競走である。

[好成績を挙げている馬の特徴]

 ・3か月以上休養を空けて休養明け3戦目以内に中山大障害に臨んできた出走馬が好成績を挙げている。

 ・秋シーズンにおいて3か月以上の休養を経過して初戦で3着以下に敗れているスタミナを温存した馬が◎。

 ・「中山大障害(J・GI)」で好成績を出す出走馬は休養期間4ヶ月~7ヶ月を目安にローテーションを組んでいる。

[所属トレセン厩舎別入賞データ]

 ・3着以内入賞馬の内、総べ21頭が[関西馬(栗東所属)]で、ここ2年間の結果も[5着以内]は全て[関西馬]。

 ・2004年12月以降に開催された「中山大障害(J・GI)」レース過去5回は「関西馬」が1,2着以内を完全独占。

 ・[関東馬]は2着3回が全て「ゴーカイ(99~01年)」で「中山大障害(J・GI)」勝利関東馬は[ブランディス]のみ。

[単勝人気別成績統計データ]

 ・過去10年の単勝人気別成績では[1番人気]支持馬は入賞圏外でいずれも4着入賞で成績を残せていない。

 ・過去10年の単勝人気別成績では[2番人気]馬がレースにおいて3着入賞率が80.0%と大きく期待が持てる。

 ・単勝人気が[5番人気]以内に入る馬は、レース入賞の上位を独占する場合が多く上位人気馬はイマイチ。

 ・単勝人気が[6番人気]以下だった馬で、3着以内に入賞の5頭は[10番人気]馬が4頭と[11番人気]馬が1頭。

[単勝オッズ別成績統計データ]

 ・単勝オッズが[2.9倍以下]だった馬は、いずれも「中山大障害」重賞では未勝利で3着入賞率は25%と低い。

 ・単勝オッズが[3.0~4.9倍]だった馬は、連対率55.6%、3着入賞率77.8%と単勝オッズ別成績ではトップ数値。

 ・単勝オッズが[5.0~6.9倍]だった馬は、勝率1番で30.8%、連対率は38.5%、3着入賞率69.2%と2番目に高い。

 ・単勝オッズが[7.0~9.9倍]だった馬は、連対率22.2%、3着入賞率33.3%で単勝オッズでは3番目に良い成績。

 ・単勝オッズが[10~14.9倍]だった馬は、勝率16.7%、連対率25.0%、3着入賞率が25.0%で4番目に良い成績。

[前走レース入賞成績別統括データ]

 ・前走レース成績が[1着入賞馬]及び[3着入賞馬]だった競走馬は勝率と連対率共に好成績を挙げている。

 ・前走レース成績が[2着入賞馬]の競争成績は3着内率33.3%、前走[4,5着馬]は出走馬21頭中3着率0%。

 ・前走レース成績が[10着以下]だった競走馬の競争成績は、勝率4.5%・連対率13.6%・3着内率22.7%だった。

[競走馬別ピックアップデータ]

 [馬番:1 オープンガーデン] … 3前走「東京ジャンプS(J・G3)」2着、4前走「中山グランドジャンプ(J・G1)」3着。

 [馬番:3 トウカイポリシー]  … 前走,前々走レース成績が障害オープン競争で2着・1着入賞で成績は良い。

 [馬番:4 モルフェサイレンス]… 大江原 圭騎手に変更されてから今年度競争成績がうなぎ上りで期待は大。
 
 [馬番:5 テイエムトッパズレ] … 前走,前々走,3走前,4走前出走レース全て入賞。調子から入賞軸本命◎。

 [馬番:6 ドールリヴィエール] … 前走,前々走,3走前,4走前が重賞競争参加馬だが、入賞の可能性は低い。

 [馬番:7 キングジョイ]     … 過去重賞レースにおいて数多くの重賞入賞実績があり、主要軸馬の1頭。

 [馬番:12 マイネルネオス]   … 重賞レース出走経験は1度しかないが地方開催レースでは入賞している。

 [馬番:13 バトルブレーヴ]  … 重賞レース出走を経験しているが年齢が高齢馬なので世代交代と考え×。

注目馬 / レース出走馬注目馬情報

 [馬番:14 メルシーエイタイム]… 過去2回の中山大障害で連続して2着重賞入賞を果たしていて本命馬◎。

穴馬軸 / レース出走馬穴馬軸情報

 [馬番:10 ドングラシアス]   … 前走レースにおいて全て重賞競争(G3)に参加しているが後一歩及ばず。

中山競馬場 10R J・GI重賞レース予想/買い目・馬券

 単勝,複勝式勝馬券: -   枠連式勝馬券: -   ワイド勝馬券: 5-7・14 ,4-5・7 ,7-14

 馬単式勝馬券: 5-4 ,5=7               馬連式勝馬券: 4-5・7 ,5-7・14

 三連複: 3-4-5 ,4-5-7 ,5-7-13・14     三連単: 5-7-1・4・14 ,5-4-7 ,7-5-14

 ◆  Box=ボックス買い F=フォーメーション M1=一頭軸マルチ M2=二頭軸マルチ =穴馬券

予想管理人の購入予定馬券

 単勝: -     複勝: -     枠連: -    ワイド: 5-7・14 ,4-5・7 ,7-14

 馬単: 5-4 ,5=7                    馬連: 4-5・7 ,5-7・14

 三連複: 3-4-5 ,4-5-7 ,5-7-13・14    三連単: 5-7-1・4・14 ,5-4-7 ,7-5-14

管理人予想評価/レース配当結果

 管理人の金欠的な止むを得ない理由により馬券は購入出来ませんでした。また、管理人は昼寝で投票馬券

 を購入する事が出来ませんでした。観覧して下さった方は、本当に申し訳有りませんでした。 ゴメンナサイ(><;

 障害レースでは何が起こっても不思議ではない上に予想立ての難しいレースなので予想の際には購入する

 馬券について幅広く予想立てを行った上で的中しそうな勝馬投票券を手広く購入する方法が1番の購入方法

 かもしれません。重賞レースにおける障害レース予想は初めてでしたがあと1頭が絡まなくて心残りでした(汗

レース着順、3連単/配当金額

 レース予想 : 5-7-14  配当金額 : 不的中,配当無し

 レース結果 : 7-14-1  配当金額 : 4,940円  10番人気

的中馬券画像

 2009/12/26(土)/第132回 中山大障害(J・G1)/中山競馬10R 障害・4100m芝 サラブレッド系3歳以上(国際)/不的中馬券

第132回 中山大障害 農林水産省賞典 (J・GI)/出馬票・出走表
出馬票・出走表
枠番馬番馬名性齢騎手調教師成績オッズ
11オープンガーデン牡5江田 勇亮郷原 洋行(美浦)(2.2.3.15)■18.4
12クルワザード牡7小坂 忠士作田 誠二(栗東)(3.1.6.18)■43.1
23トウカイポリシー牡6北沢 伸也野中 賢二(栗東)(2.1.0.2)■9.7
24モルフェサイレンス牡4大江原 圭大江原 哲(美浦)(2.4.1.2)■14.2
35テイエムトッパズレ牡6佐久間 寛志鹿戸 明(栗東)(4.3.3.13)■5.5
36ドールリヴィエール牡5黒岩 悠手吉岡 八郎(栗東)(2.2.1.6)■56.8
47キングジョイ牡7西谷 誠介増本 豊(栗東)(4.5.2.6)■2.8
48メルシーモンサ牡4高野 容輔武 宏平(栗東)(1.1.0.6)■42.3
59メジロスパイダー牡7穂苅 寿彦高木 登(美浦)(1.0.1.7)■34.9
510ドングラシアス牡5熊沢 重文柴田 政見(栗東)(2.1.0.11)■17.9
611スプリングロック牡4金子 光希成島 英春(美浦)(1.1.0.1)■72.7
612マイネルネオス牡6宗像 徹稲葉 隆一(美浦)(1.4.0.2)■29.9
713バトルブレーヴ牡2菊地 昇吾高市 圭二(美浦)(4.3.1.9)■47.0
714メルシーエイタイム牡7横山 義行武 宏平(栗東)(5.5.2.4)■3.7

レース結果/払戻金・レース順位
配当金(払戻金)
単勝7250円1番人気枠連5-8340円1番人気
複勝7
14
1
120円
130円
300円
1番人気
2番人気
5番人気
ワイド7-14
1-7
1-14
180円
610円
780円
1番人気
6番人気
10番人気
馬連7-14350円1番人気馬単7-14630円1番人気
3連複1-7-141,650円4番人気3連単7-14-14,940円10番人気

[各データ用語別解説]
注目馬  ・・・重賞/一般レースにおいて注目すべき注目馬の事。 ◎本命・○連帯・▲穴馬・△対抗の順に記号を掲載。 

穴馬軸  ・・・本命馬(軸馬)と連帯して入賞すれば十万馬券に化ける一攫千金の可能性がある穴馬。完全万馬券狙い。

入賞軸本命馬  ・・・重賞/一般レースにおいて枠内へ入賞が確実視される予想の要になる本命馬(軸馬)を3頭まで掲載。

連帯軸推奨馬  ・・・入賞軸本命馬に絡んで枠内へ入賞の可能性がある連帯の可能性がある連帯馬について3頭掲載。

軸馬別データ  ・・・注目馬/穴馬/入賞軸本命馬/連帯軸推奨馬に該当する各競走馬について競馬予想注目情報掲載。

馬券別買い目  ・・・予想管理人が出馬表データに基づき予想した各レース毎の勝馬投票券の推奨買い目を掲載する項。

配当金(払戻金) ・・・レースにおいて確定した勝馬投票券の着順番号と勝馬投票券の払戻し金額結果を掲載する一覧表。


グレードせい(漢字:グレード制)
 各重賞競走の役割と重要性を広く認識、生産界の指標としての重賞競走の位置づけを明確にする為

 昭和59年度より格付けされる様になった。「格」を表わす記号として「GRADE」の頭文字「G」を使用して

 「GI」「GII」「GIII」の3グループに分類される。「GI」 は競走体系上もっとも重要な意義をもつ根幹競走で

 「GII」は「GI」に次ぐ主要な競走で「GI」の勝ち馬も比較的容易に出走できる内容をもった競走である。

 「GIII」 については「GI」「GII」以外の競走である。また、障害競走の格付け は「J・GI」「J・GII」「J・GIII」

 として表記される。なお、平成19年には日本のパートI昇格に伴い、平地競走については、国際格付けを持つ

 競走を「GI」「GII」「GIII」と表記しそれ以外の競走を「JpnI」「JpnII」「JpnIII」と表記するようになった。

 グレード制またはグループ制とは、競馬および公営競技における競走の格付け制度の1つである。

 グレード制は1971年にイギリス・フランス・アイルランドの競馬でグループ制が導入されたことを受け

 1973年にアメリカ合衆国・カナダ間で始められたものである。その後南アフリカ共和国(1981年)が続き

 日本でも1984年に中央競馬が導入した。日本ではグレードを興行のブランド化する手法が他の公営競技

 でも広く受け入れられ競艇・オートレース・競輪でも主要競走がグレードによって格付けされる様になった。

 また、競馬には主要国間(アメリカ合衆国・カナダ・日本・南アフリカ共和国・ジンバブエ)で格付けに互換性

 があり、グループ制導入国の主要国間(イギリス・フランス・アイルランド・オーストラリア・アルゼンチン)

 とも互換性があり、略称はどちらもG1、G2、G3である。グレード制では、各競走をレベルや重要度の高い

 順に「グレード1」「グレード2」「グレード3」と格付けする。グレード制における最高峰の格付けは

 「グレード1」であるが、競輪・競艇・オートレースではグレード1の上にグランプリ・スペシャルグレード・

 スーパーグレードが設定されている。しかしオートレースでグレード3の格付けを持つ競走は存在しない。

競馬の競走格付け

 競馬の競走の1つとして重賞競走がある。しかし重賞競走の数が次第に増加することによって重賞競走の

 中でもレベルや重要度が異なるようになり、どの重賞競走が重要でどの重賞競走はそこまでレベルが高く

 ないのかを一目でわかる指標が必要となった。競馬における重賞競走の格付けはレベルや重要度の高い順

 に1, 2, 3の3段階で行われている。

 世界各地で重賞競走を「グレードワン」「グレードツー」「グレードスリー」と格付けすることから

 グレード制と呼ばれている。ヨーロッパ・オセアニアの平地競馬・繋駕速歩競走では「グループワン」

 「グループツー」「グループスリー」と格付けするためグループ制と称するが、通常使用する上では

 両者に違いはない。日本の競馬ではパート1国入り(詳細は後述)した2007年にグレードの名称を国際

 格付けの得られた競走のみに付与することとなったため狭義の意味でのグレード制は国際グレードの

 得られた競走のみとなり「格付け」≠「グレード制」となっている。ただし2006年以前との兼ね合い

 などの便宜上、広義の意味でグレード制=「格付け」として記述されることも多い。

 競走の格付けが行われていない重賞競走も存在する。

類義語・対義語・関連語リンク

 ⇔クラシックレース(英名:classic race) ⇔イギリスクラシック三冠(英名:Triple Crown)

競馬用語:五十音別一覧
競馬用語:あ行競馬用語:か行競馬用語:さ行競馬用語:た行競馬用語:な行
競馬用語:は行競馬用語:ま行競馬用語:や行競馬用語:ら行競馬用語:わ行

アーニング・インデックス(AEI:Average Earning Index)
 種牡馬の優劣を判定するための目安。出走馬1頭当たりの収得賞金の平均値を1.00として各々の種牡馬の

 産駒の平均収得賞金の割合を数値で表わしたもの。1.00が平均で数値が大きくなるほど産駒が多くの賞金

 を獲得していることを表す。これを算式で示すと、

 産駒の総収得賞金÷産駒の出走頭数)÷(出走馬総収得賞金÷総出走頭数)となる。


  (産駒の総収得賞金)        (全出走馬収得賞金)
 ──────────  ÷  ──────────
   (産駒の出走頭数)        (総出走頭数)


 アーニングインデックスを併用すると少ない産駒で賞金を稼いでいるかあるいはその逆なのかが分かる。

 出走頭数が少ない種牡馬の産駒が大レースに勝つとこの数値は極端に高い値を示すので注意が必要。

-例-

 2004年度のPleasant Tap(タップダンスシチーの父)は日本における出走頭数が2頭でAEIが35.53となった。

 その他は1992年のMajestic Light(ニシノフラワーの父)や1993~1994年のSharrood(ビワハヤヒデの父)も

 日本における出走産駒がそれぞれ挙げた産駒各一頭ずつである為、この数値を語る上でよく挙げられる。

2004年度:リーディングサイヤーランキングとアーニングインデックス
順位種牡馬名出走回数出走頭数勝利回数勝利頭数AEI収得賞金 (円)

1位

サンデーサイレンス3,074 (回)550 (頭)449 (回)266 (頭)4.299,076,931,000 円  

2位

ダンスインザダーク2,462 (回)343 (頭)497 (回)76 (頭)2.012,649,028,000 円  

3位

ブライアンズタイム1,846 (回)293 (頭)218 (回)126 (頭)2.152,420,894,000 円  

4位

フジキセキ1,775 (回)299 (頭)193 (回)121 (頭)1.711,965,479,500 円  

5位

サクラバクシンオー1,859 (回)274 (頭)184 (回)120 (頭)1.581,668,575,500 円  

6位

フォーティナイナー1,148 (回)178 (頭)127 (回)75 (頭)2.371,621,532,000 円  

7位

アフリート1,743 (回)251 (頭)219 (回)111 (頭)1.611,550,884,500 円  

8位

トニービン913 (回)131 (頭)89 (回)55 (頭)2.831,424,215,000 円  

9位

バブルガムフェロー1,846 (回)276 (頭)235 (回)130 (頭)1.251,331,005,500 円  

10位

エンドスウィープ697 (回)109 (頭)115 (回)67 (頭)3.081,292,751,000 円  

11位

ティンバーカントリー1,614 (回)196 (頭)175 (回)95 (頭)1.701,278,492,000 円  

12位

アジュディケーティング2,211 (回)273 (頭)287 (回)151 (頭)1.081,195,538,500 円  

13位

ジェイドロバリー1,890 (回)286 (頭)218 (回)124 (頭)1.081,185,673,000 円  

14位

ウォーニング1,192 (回)154 (頭)124 (回)69 (頭)1.941,148,319,000 円  

15位

メジロライアン2,054 (回)238 (頭)181 (回)102 (頭)1.221,120,858,100 円  

16位

タイキシャトル1,024 (回)163 (頭)125 (回)72 (頭)1.661,041,361,000 円  

17位

タマモクロス1,649 (回)193 (頭)156 (回)80 (頭)1.33985,708,000 円  

18位

マーベラスサンデー1,246 (回)165 (頭)142 (回)75 (頭)1.55980,614,000 円  

19位

シャンハイ2,302 (回)298 (頭)161 (回)292 (頭)0.80916,227,500 円  

20位

コマンダーインチーフ2,206 (回)292 (頭)202 (回)100 (頭)0.81912,701,000 円  

競馬用語:五十音別一覧
競馬用語:あ行競馬用語:か行競馬用語:さ行競馬用語:た行競馬用語:な行
競馬用語:は行競馬用語:ま行競馬用語:や行競馬用語:ら行競馬用語:わ行

けいばほう(漢字:競馬法)
 日本における近代競馬は、1861年に横浜の相生町で居留外人を中心として始められた。
 
 1905年には、馬券黙許の措置が講ぜられたが、これに伴い競馬熱は異常に高まり競馬会が乱立するに
 
 つれいろいろな弊害も目立ってきた。こうした情勢の中で1908年10月1日に新刑法が施行され馬券
 
 発売はこれに違反するとの議論がなされるにいたり、同年10月6日、政府は馬券の発売を禁止した。
 
 馬券発売禁止の下で、政府の補助金等により競馬はかろうじて存続したが、大戦後の赤字財政下、軍馬を
 
 中心とする馬匹改良の必要に迫られ1923年にいたり競馬法(いわゆる旧競馬法)が施行され、馬券発売
 
 が復活した。しかしながら、クラブ(許可を受けた社団法人)による競馬の施行には種種の問題がつきまとい
 
 全国的規模の競馬団体を創設し、ひとつの有機体として競馬の運営がなされることが強く望まれ馬政調査会
 
 の答申を受け1936年9月20日競馬法の一部を改正する法律が施行され日本競馬会が設立されることと 
 
 なった。終戦後の競馬の施行方針に関するGHQの意向は民間への完全開放もしくは国または地方公共団体
 
 による施行ということであり、この意向にそって、日本競馬会、馬匹組合連合会及び中央馬事会は解散をせ
 
 ざるを得なくなった。こうして1948年7月19日に地方競馬をもあわせて規定した新競馬法が施行され
 
 国営競馬時代が始まった。日本競馬会が行なっていた競馬は国に引き継がれたのである。
 
 しかしながら国営競馬については一種の道義的問題、国が施行する競馬を同じ国が監督する不自然さ、さら
 
 に国家予算に拘束されるため運営の弾力性をかくこと等から民営移管論議が高まりを見せ、その当時検討さ
 
 れていた大規模な行政整理の動きと相まって1954年9月16日、日本中央競馬会法の施行により、競馬
 
 法は改正され、日本中央競馬会が設立、国営競馬を引き継ぐこととなった。日本中央競馬会の初代理事長に
 
 は安田伊佐衛門が就任した。

競馬法:項目内容と構成

目次

 ・第1章 総則(第1条)

 ・第2章 中央競馬(第2条-第18条)

 ・第3章 地方競馬(第19条-第23条の46)

 ・第4章 雑則(第24条-第29条の2)

 ・第5章 罰則(第30条-第34条)

 ・附則

第1章 総則

第1条 日本中央競馬会又は都道府県はこの法律により競馬を行なうことができる。
 
  2  次の各号のいずれかに該当する市町村(特別区を含む。以下同じ。)で、その財政上の特別の必要を
 
    考慮して総務大臣が農林水産大臣と協議して指定するもの(以下「指定市町村」という。)は、その指
 
    定のあつた日からその特別の必要がやむ時期としてその指定に付した期限が到来する日までの間
 
    に限り、この法律により、競馬を行うことができる。
 
    (1) 著しく災害を受けた市町村

    (2) その区域内に地方競馬場が存在する市町村
 
  3  総務大臣は前項の規定により市町村を指定しようとするときは、地方財政審議会の意見を聴かなけれ
 
    ばならない。
 
  4  前2項の規定による指定には、条件を付することができる。
 
  5  日本中央競馬会が行う競馬は中央競馬といい都道府県又は指定市町村が行う競馬は地方競馬という。
 
  6  日本中央競馬会、都道府県又は指定市町村以外の者は、勝馬投票券その他に類似するものを発売して
 
    競馬を行つてはならない。

第2章 中央競馬

 (競馬場)

第2条 中央競馬の競馬場は、12箇所以内において農林水産省令で定める。
 
 (競馬の開催)

第3条 中央競馬は次に掲げる事項につき農林水産省令で定める範囲を超え、又は農林水産省令で定める
 
    日取りに反して、開催してはならない。
 
    (1) 年間開催回数

    (2) 一競馬場当たりの年間開催回数

    (3) 1回の開催日数

    (4) 1日の競走回数
 
 (競馬の実施に関する事務の委託) 

第3条の2 日本中央競馬会は政令で定める処により競馬の実施に関する事務を都道府県、市町村又は
 
      私人に委託することができる。
 
 (入場料)

第4条 日本中央競馬会は、競馬を開催する時は入場者(第29条各号に規定する者その他の者であつて
 
    農林水産省令で定めるものを除く)から農林水産省令で定める額以上の入場料を徴収しなければ
 
    ならない。ただし、競馬場内の秩序の維持に支障を及ぼすおそれがないものとして農林水産大臣
 
    の承認を受けた場合は、この限りでない。
 
 (勝馬投票券)

第5条 日本中央競馬会は、券面金額10円の勝馬投票券を券面金額で発売することができる。
 
  2  日本中央競馬会は、前項の勝馬投票券10枚分以上を1枚をもつて代表する勝馬投票券を発売すること
 
    ができる。
 
  3  第1項の勝馬投票券については、これに記載すべき情報を記録した電磁的記録(電子的方式、磁気的方
 
    式その他人の知覚によつては認識することができない方式で作られる記録であつて、電子計算機による
 
    情報処理の用に供されるものとして農林水産省令で定めるものをいう。以下この項において同じ。)の
 
    作成をもつて、その作成に代えることができる。この場合においては、当該電磁的記録は第1項の勝馬
 
    投票券と、当該電磁的記録の記録は同項の勝馬投票券の記載とみなす。

 (勝馬投票法)

第6条 勝馬投票法は、単勝式、複勝式、連勝単式及び連勝複式(以下この条及び第12条第4項において

    「基本勝馬投票法」という。)並びに重勝式(同一の日の2以上の競走につき同一の基本投票法に

    より勝馬となつたものを一組としたものを勝馬とする方式をいう。以下同じ。)の5種類とし勝馬

    投票法の種類(重勝式勝馬投票法その他農林水産省令で定める勝馬投票法については当該勝馬

    投票法ごとに農林水産省令で定める種別。以下同じ。)ごとの勝馬の決定の方法並びに勝馬投票法の

    種類の組合せ及び限定その他その実施の方法については、農林水産省令で定める。

第7条 日本中央競馬会は、単勝式勝馬投票法及び複勝式勝馬投票の勝馬投票の的中者に対し、当該競走

    に対する勝馬投票券の売得金(勝馬投票券の発売金額から第12条の規定により返還すべき金額を

    控除したもの。以下同じ。)の額を勝馬投票法の種類ごとに区分した金額について、付録に定め

    る第1号算式によつて算出した金額から付録に定める第2号算式によつて算出した金額を控除し

    た残額に付録に定める第3号算式によつて算出した金額を加えた金額を当該勝馬に対する各勝馬

    投票券にあん分した金額を、払戻金として交付する。

  2  日本中央競馬会は、連勝単式勝馬投票法、連勝複式勝馬投票法及び重勝式勝馬投票法の勝馬投票の

    的中者に対し、当該競走に対する勝馬投票券の売得金の額を勝馬投票法の種類ごとに区分した金額

    について、付録に定める第1号算式によつて算出した金額から付録に定める第2号算式によつて算

    出した金額を控除した残額(重勝式勝馬投票法において第9条第1項又は第3項の加算金がある場

    合にあつてはこれに当該加算金を勝馬の数で除した金額を加えた金額)を、当該勝馬に対する各勝馬

    投票券にあん分した金額を、払戻金として交付する。
    
  3  前2項の規定により払戻金を算出する場合において、勝馬投票の的中者のない勝馬があるときは、

    その勝馬は、その算出については、勝馬ではないものとする。

  4  前3項の規定により算出した金額が勝馬投票券の券面金額に満たない時は、その券面金額を払戻金

     の額とする。

第8条 勝馬投票の的中者がない場合(次条第1項に規定する場合を除く)における売得金はその金額から

    その金額に100分の15から100分の20までの範囲内で農林水産大臣が定める率を乗じて

    得た金額及び付録に定める第2号算式によつて算出した金額を控除した残額を出走した馬であつて

    勝馬以外のものに対し投票した者に対し各勝馬投票券にあん分した金額を払戻金として交付する。
     
第9条 重勝式勝馬投票法の種別であつて勝馬の的中の割合が低いものとして農林水産省令で定めるもの

    (以下この条において「指定重勝式勝馬投票法」という)についての勝馬投票の的中者がない場合

    における売得金はその金額からその金額に前条の規定により農林水産大臣が定める率を乗じて

    得た金額及び付録に定める第2号算式によつて算出した金額を控除し残額を当該指定重勝式勝馬

    投票法同一の種別の指定重勝式勝馬投票法の勝馬投票であつてその後最初に的中者があるものに

    算金とする。

  2  指定重勝式勝馬投票法について第7条第2の払戻金の額が農林水産省令で定める払戻金の最高限度額を

    超えるときは、その最高限度額に相当する額を払戻金の額とする。

  3  前項の場合における払戻金の最高限度額を超える部分の第7条第2項の払戻金の額の総額は当該指定

    重勝式勝馬投票法と同一の種別の指定重勝式勝馬投票法の勝馬投票であつてその最初に的中者がある

    ものに係る加算金とする。

  4  指定重勝式勝馬投票法の実施を停止する場合における第1項及び前項の加算金の処分については農林

    水産省令で定める。
    
第10条 払戻金を交付する場合において、前3条の規定によつて算出した金額に1円未満の端数があるときは

    その端数は、これを切り捨てる。

  2  前項の端数切捨によつて生じた金額は、日本中央競馬会の収入とする。

    第11条 第7条から第9条までの規定による払戻金又は次条第6項の規定による返還金の債権は60日間

    行わないときは、時効によつて消滅する。

 (投票の無効)
  
第12条 勝馬投票券(重勝式勝馬投票法に係るものを除く。次項及び第3項において同じ)を発売した後、当該

    競走につき次の各号のいずれかに該当する事由を生じた時は、当該競走についての投票はこれを無効

    とする。

   (1) 出走すべき馬がなくなり、又は1頭のみとなつたこと。

   (2) 競走が成立しなかつたこと。
     
  2  前項の場合のほか、勝馬投票券を発売した後、当該競走につき勝馬がない勝馬投票法の種類があつた時

    当該勝馬投票法の種類についての投票は、これを無効とする。

  3  発売した勝馬投票券に表示された番号の馬(連勝単式勝馬投票法及び連勝複式勝馬投票法にあつては、

    その勝馬投票券に表示された組のいずれかの番号の馬)が出走しなかつた場合は、その馬(連勝単式勝馬

    投票法及び連勝複式勝馬投票法にあつてはその番号の属する組)に対する投票は、これを無効とする。

    連勝単式勝馬投票法及び連勝複式勝馬投票法において同一の番号を一組とした場合において、その番号

    の馬のうちいずれか1頭のみが出走したときは、その組に対する投票についてもまた同様である。
    
  4  重勝式勝馬投票法に係る基本勝馬投票法の投票が前3項の規定により無効となつた場合には当該

    投票の勝馬投票券に表示された番号の馬(連勝単式勝馬投票法及び連勝複式勝馬投票法を基本

    勝馬投票法とする場合にあつては、その勝馬投票券に表示された組)をその勝馬投票券に表示する

    重勝式勝馬投票法の投票は、これを無効とする。

  5  入場者以外の者に対し発売した勝馬投票券の発売金額の全部又は一部を、天災地変その他やむを

    得ない事由により入場者に対し発売した勝馬投票券の発売金額と合計することができなかつた場合

    には、入場者以外の者の投票であつて合計することができなかつたものは、これを無効とする。
        
  6  前各項の場合においては当該勝馬投票券を所有する者は、日本中央競馬会に対しその勝馬投票券と

    引換えにその券面金額の返還を請求することができる。

 (馬主の登録)

第13条 農林水産省令の定める処により日本中央競馬会が行う登録を受けた者でなければ中央競馬の競走に

    馬を出走させることができない。

  2  日本中央競馬会は、競馬の公正な実施を確保するため必要があると認める時は農林水産省令で定める

    ところにより、前項の規定による登録を抹消することができる。
    
 (馬の登録)

第14条 日本中央競馬会が行う登録を受けた馬でなければ、中央競馬の競走に出走させる事ができない。
    
 (服色の登録)

第15条 自己の服色を使用して中央競馬の競走に馬を出走させようとする者は、日本中央競馬会が行う服色の

    登録を受けなければならない。

 (競走馬の調教及び騎乗)

第16条 農林水産省令の定めるところにより日本中央競馬会が行う免許を受けた調教師又は騎手でなければ

    中央競馬の競走のため、馬を調教し又は騎乗する事ができない。

  2  日本中央競馬会は、競馬の公正かつ安全な実施を確保するため必要があると認める時は、農林水産省令

    で定めるところにより、前項の規定による免許を取り消すことができる。
    
 (登録料及び免許手数料)

第17条 日本中央競馬会は第13条から前条までの規定による登録及び免許について実費を勘案して農林水産省

    令で定める額の登録料及び免許手数料を徴収することができる。

 (特別登録料)

第18条 日本中央競馬会は、農林水産大臣の認可を受けて定める中央競馬の競走に馬を出走させようとする者

     から、300万円以下の特別登録料を徴収することができる。
    
  2  前項の規定により徴収した特別登録料は、これを前項の競走の賞金の一部に充てなければならない。

第3章 地方競馬

(競馬場の数)

第19条 地方競馬の競馬場の数は、北海道にあつては6箇所以内、都府県にあつては各2箇所以内とする。
    
  (競馬の開催)
第20条 地方競馬は、次に掲げる事項につき農林水産省令で定める範囲を超え、又は農林水産省令で定める

     日取りに反して、開催してはならない。

    (1) 都道府県の区域ごとの年間開催回数
    (2) 1回の開催日数
    (3) 1日の競走回数
    

  2 農林水産大臣は、都道府県又は指定市町村に対して、競馬の開催回数、1回の開催日数及び開催の日

    取りその他競馬の開催に関し、調整上必要な指示をすることができる。
     
  (競馬の実施に関する事務の委託)
第21条 都道府県又は指定市町村は、政令で定めるところにより、競馬の実施に関する事務を他の都道府県

     若しくは市町村、日本中央競馬会、地方競馬全国協会又は私人に委託することができる。

  (準用規定)
第22条 第4条から第9条まで、第11条から第14条まで及び第16条から第18条までの規定は地方競馬に

     ついて準用する。この場合において第4条、第5条第1項及び第2項、第7条第1項及び第2項、第12条第6項並び

     に第18条第1項中「日本中央競馬会」とあるのは「都道府県又は指定市町村」と第13条、第14条、第16条

     及び第17条中「日本中央競馬会」とあるのは「地方競馬全国協会」と読み替えるものとする。

  (地方競馬全国協会への交付金)
第23条 都道府県又は指定市町村は、次に掲げる金額を地方競馬全国協会に交付しなければならない。

(1) 1回の開催による勝馬投票券の売得金の額が別表の上欄に掲げる金額に相当する時はその売得金

     の額に応じ、それぞれ同表の下欄に掲げる金額に相当する金額

(2) 1回の開催による勝馬投票券の売得金の額に応じその額の1,000分の4以内におき農林水産省

     令で定める金額に相当する金額

  2  前項の規定による交付金は、競馬の開催ごとに、その終了した日から30日を超えない範囲内に

     おいて農林水産省令で定める期間内に交付しなければならない。

  (交付金の特例)
第23条の2 都道府県又は指定市町村は、次の各号のいずれにも該当することにより前条第1項第1号の

     規定による交付金(以下「1号交付金」という。)の交付を同条第2項に規定する期間内に行う事

     が著しく困難なときは、同項の規定にかかわらず、当該第1号交付金の交付の期限を延長する事が

     できる。

(1) その競馬の事業の収支が著しく不均衡な状況にあり、又は著しく不均衡な状況となることが確実で

     あると見込まれること。
     
(2) その競馬の事業の収支が著しく不均衡な状況が引き続き1年以上で農林水産省令で定める期間継続
     
     することが見込まれること。
     
  2 前項の場合において、当該1号交付金の交付の期限を延長しようとする都道府県又は指定市町村は、
     
    農林水産省令で定めるところにより次に掲げる事項を記載した書類を添付してあらかじめ、農林水産
     
    大臣に協議し、その同意を得なければならない。
     
(1) その交付の期限の延長をしようとする措置を講ずる期間(以下「特例期間」という。)
(2) 特例期間においてその交付の期限の延長をしようとする1号交付金の額の見込み
(3) 前号の1号交付金の延長後の交付の期限(以下「特例期限」という。)
(4) その他農林水産省令で定める事項
     
  3  特例期間は5年を超えることができないものとし、特例期限は、特例期間の終了の日の翌日から起算
     
    して10年を超えることができないものとする。
     
  4 第2項の規定による協議をしようとする都道府県又は指定市町村は、農林水産省令で定めるところに
     
    より、その競馬の事業の収支の状況及びその改善に必要な方策その他の農林水産省令で定める事項を
     
    定めた事業収支改善計画を作成し、農林水産大臣に提出しなければならない。
     
第23条の3 農林水産大臣は前条第2項の協議があつた場合において、次の各号のいずれにも該当する場合
     
       に限り、同項の同意をするものとする。
     
(1)その競馬の事業の収支が前条第1項各号のいずれにも該当すること。
(2)事業収支改善計画の確実な履行を通じて、特例期間の終了後における競馬の事業の収支の改善及び
     
    これによる1号交付金の安定的な交付が見込まれること。     

  2 農林水産大臣は前条第2項の規定による同意をしようとする時は、あらかじめ地方競馬全国協会の
     
    意見を聴かなければならない。     

  3 前項の場合において、地方競馬全国協会が意見を述べようとするときは、あらかじめ、第23条の17
     
    第1項の運営委員会の議決を経なければならない。
    
  4 農林水産大臣は、前条第2項の規定による同意をしたときは、遅滞なく、地方競馬全国協会に通知
     
    するものとする。
     
第23条の4 都道府県又は指定市町村は、第23条の2の規定により1号交付金の交付の期限を延長しても
     
    なお特例期限内に当該1号交付金を交付する事が著しく困難であると見込まれる時は当該1号交付金
     
    の特例期限を更に延長す事ができる。この場合においては延長後の期限は、特例期限の翌日から起算
     
    して3年を超えない範囲内で定めなければならない。
    
  2 第23条の2第2項及び第4項並びに前条の規定は、前項の期限の延長について準用する。
    
第23条の5 第23条の2第2項(前条第2項において準用する場合を含む。)の規定による同意を得た都道府県
    
    又は指定市町村は、当該同意に係る事業収支改善計画に従つて競馬の事業を実施しなければならない。
    
第23条の6 都道府県又は指定市町村は、第23条の2の規定により1号交付金の交付の期限を延長した場合に
    
    おいて、なお特例期限(第23条の4の規定により特例期限を延長した場合にあつては、その延長後の物)
    
    内に当該期限の延長の対象となつている1号交付金(以下「特例対象交付金」という。)を交付する事が
    
    著しく困難であると見込まれ、かつ、競馬の事業からの撤退(都道府県又は指定市町村が、その議会の
    
    議決に基づき、競馬の開催をしなくなる事をいう。以下同じ。)をしたときは、第23条第1項の規定に
    
    かかわらず、当該特例対象交付金の全部又は一部をその競馬の事業からの撤退に伴い必要となる経費に
    
    充てることができる。
    
  2 前項の場合において当該特例対象交付金をその競馬の事業からの撤退に伴い必要となる経費に充て様と
    
    する都道府県又は指定市町村は、農林水産省令で定めるところにより、次に掲げる事項を記載した書類
    
    を添付して、あらかじめ農林水産大臣に協議し、その同意を得なければならない。
    
(1) 競馬の事業からの撤退の日
(2) 競馬の事業からの撤退に伴う事務を行うために必要な期間
(3) 前号の期間内において競馬の事業からの撤退に伴い必要となる経費の総額
(4) 前号の経費の一部に充てようとする特例対象交付金の額
(5) その他農林水産省令で定める事項
    
  3 前項の規定による協議は、特例期間の終了後1年以内にしなければならない。
  4 農林水産大臣は、第2項の協議があつた場合において、同項第4号の額の特例対象交付金を同項
    
    第3号の経費に充てることが適当であると認めるときは、同項の同意をするものとする。
 
  5 競馬の事業からの撤退をした都道府県又は指定市町村であつて第2項の規定による同意を得ていた 
 
    ものが再び競馬の開催をしようとする時は、地方競馬全国協会に対し、第1項の規定により競馬の 
    
    事業からの撤退に伴い必要となる経費に充てた特例対象交付金に相当する金額について、第2項の
 
    規定による同意を得た日からその支払の日までの期間に応じ、年5分の割合で計算した金額を加算 
    
    して交付しなければならない。 
    
  6 第23条の3第2項から第4項までの規定は、第2項の規定による同意について準用する。 
     
  (競馬活性化計画の認定)
第23条の7 都道府県又は指定市町村は共同して農林水産省令で定めるところにより競馬の実施に関する
 
    相互の連携の促進その他の地方競馬の活性化に資する方策を実施することによりその事業の収支の
 
    改善を図るための計画(以下「競馬活性化計画」という)を作成し、農林水産大臣の認定を申請
 
    することができる。
 
  2 競馬活性化計画には、次に掲げる事項を定めるものとする。
 
(1) 競馬活性化計画の目標
(2) 競馬活性化計画の期間
(3) 競馬活性化計画の実施による当該都道府県又は当該指定市町村ごとの競馬の事業の収支の改善の
 
     程度を示す指標

(4) 当該都道府県又は当該指定市町村が地方競馬全国協会による調整又は助言に基づいて行う当該都
 
     道府県又は当該指定市町村間の競走の編成又は出走の条件についての調整その他の競走の魅力を
 
     高めるために必要な措置に関する事項 
         
(5) 当該都道府県又は当該指定市町村が単独で又は共同して行う競馬の実施に必要な施設又は設備の
         
     設置の事業その他の地方競馬の活性化に資する事業に関する事項

(6) 競馬活性化計画の実施を促進する為に必要な協議を行うために当該都道府県又は当該指定市町村
         
     が組織する協議会に関する事項その他の競馬活性化計画の実施に必要な事項
         
(7) その他農林水産省令で定める事項         
     
  3 農林水産大臣は、第1項の規定による認定の申請があつた競馬活性化計画が次に掲げる基準に適合

     すると認めるときは、その認定をするものとする。

(1) 競馬活性化計画の期間が5年以内であること。
         
(2) 競馬活性化計画の実施により、当該都道府県又は当該指定市町村の競馬の事業の収支の改善が相当

     程度見込まれること。

(3) 競馬活性化計画に当該都道府県又は当該指定市町村が単独で行う事業に関する事項が定められてる

     場合にあっては当該事業が競馬の実施に関する相互の連携の促進その他地方競馬の活性化に資する

     ものであること。
     
  4 農林水産大臣は第1項の認定をしようとする時はあらかじめ地方競馬全国協会の意見を聴かなければ

    ならない。
     
  5 前項の場合において、地方競馬全国協会が意見を述べようとするときは、あらかじめ、第23条の第1項

    の運営委員会の議決を経なければならない。

  6 農林水産大臣は、第1項の認定をしたときは、遅滞なく、地方競馬全国協会に通知するものとする。

  (競馬活性化計画の変更等)
第23条の8 前条第1項の認定を受けた都道府県又は指定市町村(次項及び第23条の36第1項第8号において

    「認定都道府県等」という)は、当該認定に係る競馬活性化計画を変更しようとする時は共同して

    農林水産大臣の認定を受けなければならない。

  2 農林水産大臣は、認定都道府県等が当該認定に係る競馬活性化計画(前項の規定による変更の認定

    があつた時は、その変更後のもの。以下「認定競馬活性化計画」という)に従つて競馬の事業を実施

    していないと認めるときは、その認定を取り消すことができる。

  3 前条第3項から第6項までの規定は第1項の規定による変更の認定について同条第6項の規定は前項

    の規定による認定の取消しについて準用する。
 
  (収益の使途)
第23条の9 都道府県はその行う競馬の収益をもつて畜産の振興、社会福祉の増進、医療の普及、教育文化の

    発展、スポーツの振興及び災害の復旧のための施策を行うのに必要な経費の財源に充てる様努めるもの

    とする。

  (地方競馬全国協会)
第23条の10 地方競馬全国協会は地方競馬の公正かつ円滑な実施の推進を図ると供に馬の改良増殖その他畜産

    の振興に資することを目的とする。

  (法人格)
第23条の11 地方競馬全国協会(以下「協会」という)は、法人とする。

  (事務所)
第23条の12 協会は、主たる事務所を東京都に置く。

  2 協会は、農林水産大臣の認可を受けて、必要な地に従たる事務所を置くことができる。

  (登記)
第23条の13 協会は、政令で定めるところにより、登記しなければならない。

  2 前項の規定により登記しなければならない事項は登記の後でなければこれをもつて第三者に対抗する

  2 ことができない。

  (名称の使用期限)
第23条の14 協会でない者は、地方競馬全国協会という名称を用いてはならない。

  (一般社団法人及び一般財団法人に関する法律の準用)
第23条の15 一般社団法人及び一般財団法人に関する法律(平成18年法律第48号)第4条(住所)及び第78条

  (代表者の行為についての損害賠償責任)の規定は、協会について準用する。

  (定款)
第23条の16 協会は、定款をもって、次に掲げる事項を定めなければならない。
(1) 目的
(2) 名称
(3) 事務所の所在地
(4) 資産に関する事項
(5) 運営委員会の委員の選任及び解任その他運営委員会に関する事項
(6) 評議員会に関する事項
(7) 役員に関する事項
(8) 業務及びその執行に関する事項
(9) 財務及び会計に関する事項
(10) 公告の方法
 
  2 定款の変更は、農林水産大臣の認可を受けなければ、その効力を生じない。
 
  (運営委員会の設置及び組織)
第23条の17 協会に、運営委員会を置く。  

  2 運営委員会は、委員9人以内で組織する。
  3 委員は、次に掲げる者をもって充てる。  

(1) 競馬を行う都道府県及び指定市町村(第23条の19第1項において「競馬を行う都道府県等」という)の長  

    7人以内  

(2) 学識経験を有する者 2人以内

  (運営委員会の権限)
第23条の18 この法律で別に定める者のほか、次に掲げる事項は運営委員会の議決を経なければならない。  
 
(1) 定款の変更
(2) 業務方法書の作成及び変更
(3) 予算及び決算
(4) 事業計画の作成及び変更
(5) 第23条の36第1項第5号に掲げる業務の実施に関する方針の決定又は変更
(6) その他定款で定める事項

  (運営委員会の委員)
第23条の19 委員は、定款で定める処により競馬を行う都道府県等の長をもって構成する会議(第23条の22に  
 
    おいて「会議」という。)が選任する。 
 
  2 委員の任期は3年とする。ただし、補欠の委員の任期は、前任者の残任期間とする。 
 
  3 委員は再任されることができる。 
 
  4 第23条の17第3項第1号に掲げる委員は、その都道府県若しくは指定市町村の長でなくなったとき、又は 
 
    その都道府県若しくは指定市町村長が競馬の事業からの撤退をしたときは、その職を失うものとする。 
 
  (運営委員会の委員長)
第23条の20 運営委員会に委員長を置き、委員の互選によりこれを定める。 

  2 委員長は、会務を総理し、運営委員会を代表する。 

  3 委員長に事故がある時、又は委員長が欠けた時は委員長のあらかじめ指定する委員がその職務を行う。 

  (委員の欠格条項)
第23条の21 次の各号の何れかに該当する者は第23条の17第3項第1号に掲げる委員となる事ができない。

(1) 破産者で復権を得ない者

(2) 禁固以上の刑に処せられ、その刑の執行を終わり、又は刑の執行を受けることがなくなった日から3年

     を経過しない者

(3) この法律又は日本中央競馬会法(昭和29年法律第205号)の規定に違反して罰金の刑に処せられ

     その刑の執行を終わり、又は刑の執行を受けることがなくなった日から3年を経過しない者
    
(4) 地方競馬に係る馬主の登録を受けている者
    
(5) 協会に対する物品の売買、施設若しくは役務の提供若しくは工事の請負を業とする者であって協会と
    
     取引上密接な利害関係を有するもの又はこれらの者が法人であるときはその役員(いかなる名称による
    
     かを問わず、これと同等以上の職権又は支配力を有する者を含む。)
    
  2 次の各号のいずれかに該当する者は、第23条の17第3項第2号に掲げる委員となることができない。
    
(1) 前項各号に掲げる者
(2) 政府又は地方公共団体の職員(非常勤の者を除く)
    
  (委員の解任)
第23条の22 会議は、定款で定めるところにより、委員が前条の規定により委員となる事ができない者に該当
    
     するに至った時は、その委員を解任しなければならない。
    
  2 会議は、定款で定めるところにより、委員が、次の各号のいずれかに該当するに至った時、その他委員
    
    たるに適しないと認める時は、その委員を解任することができる。
    
(1) 心身の故障のため職務の執行に堪えないと認められる時
    
(2) 職務上の義務違反がある時    

  (委員の公務員たる性質)
第23条の23 委員は、刑法(明治40年法律第45号)その他の罰則の適用については、法令により公務に従事
    
    する職員とみなす。    

  (役員)
第23条の24 協会に、役員として、理事長1人、副理事長1人、理事5人以内及び監事2人以内を置く。    

  (役員の職務及び権限)
第23条の25 理事長は、協会を代表し、その業務を総理する。    

  2 副理事長は、理事長を補佐して協会の業務を掌理し、理事長に事故があるときはその職務を代理し    

    理事長が欠員のときはその職務を行う。    
 
  3 理事は、理事長の定める処により理事長及び副理事長を補佐して協会の業務を掌理し、理事長及び    

    副理事長に事故があるときはその職務を代理し、理事長及び副理事長が欠員のときはその職務を行う。
    
  4 監事は、協会の業務を監査する。
    
  5 監事は、監査の結果に基づき、必要があると認める時は運営委員会、理事長又は農林水産大臣に意見を
    提出することができる。
    
  (役員の任命及び任期)
第23条の26 理事長及び監事は、運営委員会が農林水産大臣の認可を受けて任命する。
    
 
  2 副理事長及び理事は、理事長が農林水産大臣の認可を受けて任命する。
    
  3 理事長は前項の規定により副理事長及び理事を任命しようとする時は、運営委員会の同意を得なければ
    
    ならない。
    
  4 理事長及び副理事長の任期は3年とし理事及び監事の任期は2年とする。ただし、補欠の役員の任期は
    
    前任者の残任期間とする。
    
  5 第23条の19第3項の規定は、役員について準用する。
    
  (役員の欠格条項)
第23条の27 次の各号のいずれかに該当する者は、役員となる事ができない。

  (1) 第23条の21第1項各号に掲げる者

  (2) 政府又は地方公共団体の職員(非常勤の者を除く。

  (役員の解任)
第23条の28 運営委員会又は理事長はそれぞれその任命に係る役員が前条の規定により役員となる事ができ

  ない者に該当するに至つたときは、その役員を解任しなければならない。

  2 運営委員会又は理事長はそれぞれその任命に係る役員が次の各号のいずれかに該当するに至つた時

  その他役員たるに適しないと認める時は農林水産大臣の認可を受けてその役員を解任する事ができる。

  (1) 心身の故障のため職務の執行に堪えないと認められる時。

  (2) 職務上の義務違反があるとき。

  3 理事長は、前項の規定により役員を解任しようとするときは、運営委員会の同意を得なければならない。

  4 役員が第2項各号のいずれかに該当するに至つたときは、農林水産大臣は、運営委員会又は理事長に対し

    期間を指定して、それぞれその任命に係る役員を解任すべきことを命ずることができる。

  5 運営委員会が前項の命令に違反したときは、農林水産大臣は、同項の命令に係る理事長又は監事を解任

    することができる。
    
  (役員の兼職禁止)
第23条の29 役員は、営利を目的とする団体の役員となり、又は自ら営利事業に従事してはならない。

  (代表権の制限)
第23条の30 協会と理事長との利益が相反する事項については、理事長は、代表権を有しない。この場合には、
    
    監事が協会を代表する。
    
  (代理人の選任)
第23条の31 理事長は、副理事長、理事又は協会の職員のうちから協会の従たる事務所の業務に関し一切の裁判
    
    上又は裁判外の行為をする権限を有する代理人を選任することができる。
    
  (職員の任命)
第23条の32 協会の職員は、理事長が任命する。
    
  (役員及び職員の公務員たる性質)
第23条の33 第23条の23の規定は、協会の役員及び職員について準用する。
    
  (評議員会)
第23条の34 協会に、評議員会を置く。

  2 評議員会は、理事長の諮問に応じ、協会の業務の運営に関する重要事項を調査審議する。

  3 理事長は、次に掲げる事項については、あらかじめ、評議員会の意見を聴かなければならない。

  (1) 定款の変更
  (2) 業務方法書の作成及び変更
  (3) 予算及び決算
  (4) 事業計画の作成及び変更
 
  4 評議員会は、協会の業務の運営につき、理事長に対して意見を述べることができる。
 
  (評議員)
第23条の35 評議員会は、評議員12人以内で組織する。

  2 評議員は、学識経験を有する者のうちから、理事長が農林水産大臣の認可を受けて任命する。

  3 評議員の任期は、3年とする。ただし、補欠の評議員の任期は、前任者の残任期間とする。

  4 第23条の19第3項及び第23条の28第2項の規定は、評議員について準用する。
 
  (業務の範囲)
第23条の36 協会は、第23条の10に掲げる目的を達成するため、次に掲げる業務を行う。

  (1) 馬主及び馬を登録すること。

  (2) 調教師及び騎手を免許すること。

  (3) 調教師及び騎手を養成し、又は訓練すること。

  (4) 審判員その他の地方競馬の実施に関する事務を行う者を養成し若しくは訓練し又は都道府県、指定

      市町村若しくは受託市町村の要請に応じて、これらの者を派遣し、若しくはそのあつせんをする事。

  (5) 競馬の開催日数、一回の開催日数、開催の日取り及び競走の編成その他競馬の開催に関し都道府県

      若しくは指定市町村間における必要な調整を行い、又は都道府県若しくは指定市町村に対して必要

      な助言を行う事。

  (6) 都道府県又は指定市町村が共同して利用する競馬の事業の為の施設又は設備の設置又は整備

      (第23条の38第2項第4号において「設置等」という)を行う事。
     
  (7) 地方競馬に関する調査及び研究を行う事。
     
  (8) 認定都道府県等が認定競馬活性化計画に基づいて行う事業につきその経費を補助する事。
     
  (9) 馬の改良増殖その他畜産の振興に資するための事業につきその経費を補助する事。
     
  (10) 第23条第1項の規定による交付金の受入れを行う事。
     
  (11) 前各号に掲げる業務に附帯する業務を行う事。
     
  (12) 前各号に掲げるもののほか、第23条の10に掲げる目的を達成するため必要な業務を行う事。
     
  2 協会は前項に掲げる業務の他、第21条の規定により委託を受けて競馬の実施に関する事務を行う事
     
    ができる。
     
  3 協会は、第1項第12号に掲げる業務又は前項の業務を行おうとする時は農林水産大臣の認可を受け
     
    なければならない。
 
  (補助の業務の適正な実施)
第23条の37 協会は、前条第1項第9号の規定による補助(次項において「補助」という)を公正かつ効率的に
     
    行わなければならない。
         
  2 協会から補助を受けて事業を行う者は、次条第1項の認可を受けた業務方法書及び当該補助の目的に
     
    従つて誠実に当該事業を行わなければならない。
     
  (業務方法書)
第23条の38 協会は、業務の開始の際、業務方法書を作成し、農林水産大臣の認可を受けなければならない。
     
    これを変更しようとするときも、同様とする。
     
  2 前項の業務方法書には、次に掲げる事項を記載しなければならない。
     
  (1) 馬主及び馬の登録に関する事項
     
  (2) 調教師及び騎手の免許に関する事項
     
  (3) 第23条の36第15項第5号に掲げる業務に関する事項
     
  (4) 第23条の36第15項第6号に掲げる業務に係る設置等の対象となる施設又は設備の範囲及び当該
     
    設置等の方法
     
  (5) 第23条の36第1項第8号及び第9号に掲げる業務に係る補助の対象となる事業の選定の基準、
     
    当該補助の申請及び決定の手続その他当該補助の方法
     
  (6) 第23条の36第2項の業務を行う場合には、当該業務に関する事項
     
  (7) その他農林水産省令で定める事項
     
  (事業年度)
第23条の39 協会の事業年度は、毎年4月1日に始まり、翌年3月31日に終わる。
     
  (予算等の認可)
第23条の40 協会は毎事業年度、予算及び事業計画を作成し当該事業年度の開始前に農林水産大臣の認可
     
    を受けなければならない。これを変更しようとする時も同様とする。
     
  (財務諸表等)
第23条の41 協会は毎事業年度、財産目録、貸借対照表及び損益計算書(以下この条において「財務諸表」
     
    という)を作成し当該事業年度の終了後3月以内に農林水産大臣に提出しその承認を受けなければ
     
    ならない。
     
  2 協会は前項の規定により財務諸表を農林水産大臣に提出する時は、これに当該事業年度の事業報告
     
    書及び予算の区分に従い作成した決算報告書を添え、並びに財務諸表及び決算報告書に関する監事
     
    の意見を付けなければならない。

  3 協会は、第1項の規定による農林水産大臣の承認を受けた時は、遅滞なく財務諸表又はその要旨を
     
    官報に公告しかつ、財務諸表及び附属明細書並びに前項の事業報告書、決算報告書及び監事の意見
     
    を記載した書面を各事務所に備えて置き、農林水産省令で定める期間、一般の閲覧に供しなければ
     
    ならない。
     

  (交付金の使途)
第23条の42 協会は、1号交付金として交付を受けた金額に相当する金額(その運用又は使用に伴い生ずる
     
    収入金に相当する金額を含む)を次に掲げる業務以外の業務に必要な経費に充てて運用し、又は使用
     
    してはならない。     

  (1) 第23条の36第1項第9号に掲げる業務その他畜産の振興に資するため必要な業務

  (2) 第23条の36第1項第10号に掲げる業務(1号交付金に係るものに限る。)
     
  (3) 前2号に掲げる業務に附帯する業務
     
  (区分経理)
第23条の43 協会は、次の各号に掲げる経理については他の経理と区分し、それぞれ当該各号の区分に応じ
     
    当該各号に定める勘定を設けて整理しなければならない。
     
  (1) 前条各号に掲げる業務に係る経理畜産振興勘定
     
  (2) 第23条の36第1項第6号及び第8号に掲げる業務並びに附帯する業務に係る経理競馬活性化勘定
     
  (農林水産省令への委任)
第23条の44 この法律に規定する他、協会の財務及び会計に関し必要な事項は、農林水産省令で定める。
     
  (監督)
第23条の45 協会は、農林水産大臣が監督する。
     
  2 農林水産大臣は、この法律を施行するため必要があると認める時は、協会に対して、その業務に
     
    関し監督上必要な命令をする事ができる。
     
  (解散)
第23条の46 協会の解散については、別に法律で定める。

第4章 雑則
     
  (秩序の維持等)
第24条 競馬場内の秩序を維持し、その他競馬の公正を確保するため必要な事項は、政令で定める。
     
  (競馬の停止)
第24条の2 農林水産大臣は、日本中央競馬会、都道府県又は指定市町村がこの法律若しくはこの法律に
     
    基づいて発する命令に違反して競馬を行つた時、又は第3条の2若しくは第21条の規定により、
     
    競馬の実施に関する事務の委託を受けた場合において当該委託に係る事務の執行としてこの法律
     
    若しくはこの法律に基づいて発する命令に違反して競馬の実施に関する事務を行つた時は、日本
     
    中央競馬会、当該都道府県又は当該指定市町村に対し、競馬の停止若しくは委託に係る競馬の実施
     
    に関する事務の執行の停止を命じ、又は必要によりこれらの事項を併せて命ずることができる。  

  2 農林水産大臣は、第3条の2又は第21条の規定により競馬の実施に関する事務の委託を受けた市町村
     
    (指定市町村を除く)若しくは私人(以下「競馬事務委託者」という)又は協会(以下「競馬事務受託者等」
     
    という)が、当該委託に係る事務の執行として、この法律又はこの法律に基づいて発する命令に違反して
     
    競馬の実施に関する事務を行つた場合には当該競馬事務受託者等に対し、委託に係る競馬の実施に
     
    関する事務の執行の停止を命ずることができる。 

  3 都道府県知事は、指定市町村がこの法律又はこの法律に基づいて発する命令に違反して地方競馬を
     
    行つた場合は、農林水産大臣の承認を得て当該指定市町村に対し地方競馬の停止を命ずる事ができる。
     
  (競馬等の監督)
第25条 農林水産大臣は都道府県、指定市町村、競馬事務受託者又は協会に対し都道府県知事は指定
     
    市町村に対し、この法律の施行に必要な限度内において、競馬の開催、終了及び会計その他必要
     
    があると認める事項について、報告をさせ、又はその職員に、これらの者の事務所若しくは競馬
     
    場その他の施設に立ち入り、業務の状況若しくは帳簿書類その他必要な物件を検査させる事ができる。
     
  2 都道府県知事は前項の規定により得た報告又は検査の結果を農林水産大臣に報告しなければならない

  3 農林水産大臣は中央競馬及び地方競馬について、都道府県知事は指定市町村の行う競馬について
     
    、当該競馬が開催されている場合において必要がある時は、その職員に当該競馬場又は当該競馬
     
    に関係がある事務所その他の施設に立ち入り、日本中央競馬会、都道府県、指定市町村又は競馬
     
    事務受託者等に対し、競馬場内の秩序を維持し、その他競馬の公正を確保するため必要な事項を
     
    指示させる事ができる。
     
  4 第1項又は前項の規定により職員が立ち入る場合には、その身分を示す証明書を携帯し、
     
    これを関係人に提示しなければならない。
     
  5 第1項の規定による立入検査の権限は犯罪捜査のために認められたものと解してはならない。
     
  (会計検査院の検査)
第26条 会計検査院は必要があると認める時は地方競馬に関し都道府県又は指定市町村の会計経理
     
    の検査をすることができる。
     
  2 会計検査院が、前項の検査をするときは、これを関係者に通知するものとする。
     
  (脱法行為の禁止)
第27条 何人も、いかなる名義をもつてするを問わず、第1条第6項の規定を免れる行為をする事が
     
    できない。
     
  (勝馬投票券の購入等の制限)
第28条 未成年者は、勝馬投票券を購入し、又は譲り受けてはならない。

第29条 次の各号のいずれかに該当する場合においては、勝馬投票券を購入し又は譲り受けては
     
    ならない。
     
  (1) 競馬に関係する政府職員にあつては、すべての競馬の競走について
     
  (2) 日本中央競馬会の役員及び職員にあつては、中央競馬の競走(日本中央競馬会が第21
     
    条の規定により委託を受けて競馬の実施に関する事務を行う場合には、当該競馬の競走を
     
    含む。)について
     
  (3) 地方競馬に関係する都道府県職員、市町村職員又は地方自治法(昭和22年法律第67号)
     
    第284条第1項の一部事務組合若しくは広域連合の職員にあつては、すべての地方競馬の競走
     
    について
     
  (4) 第3条の2の規定により委託を受けて競馬の実施に関する事務を行う都道府県、市町村又は地方自治法
     
      284条第1項の一部事務組合若しくは広域連合の職員であつて当該委託を受けた事務に関係するもの
     
      にあつては、中央競馬の競走について

  (5) 協会の役員及び職員にあつては、すべての地方競馬の競走について

  (6) 中央競馬に関係する調教師(競走馬の飼養を行う者を含む。以下同じ)騎手及び競走馬の飼養又は調教
     
      を補助する者にあつては、中央競馬の競走について

  (7) 地方競馬に関係する調教師、騎手及び競走馬の飼養又は調教を補助する者にあつては、すべての地方
     
      競馬の競走について

  (8) 前各号に掲げる者を除き、競馬の事務に従事する者にあつては、当該競馬の競走について

  (勝馬投票類似の行為の特例)
第29条の2 日本中央競馬会の職員は中央競馬の競走に関し、都道府県又は指定市町村の職員は地方競馬の競走
     
       に関し、農林水産省令で定めるところにより農林水産大臣の許可を受けて、勝馬投票類似の行為を
     
      する事ができる。

2 農林水産大臣は、第30条(第3号に係る部分に限る。)の規定に違反する行為に関する情報を収集する為
     
      に必要があると認めるときでなければ、前項の許可をしてはならない。

第5章 罰則
第30条 次の各号の一に該当する者は、5年以下の懲役又は500万円以下の罰金に処する。

  (1) 第1条第6項の規定に違反した者

  (2) 第27条の規定に違反した者

  (3) 中央競馬又は地方競馬の競走に関し勝馬投票類似の行為をさせて財産上の利益を図つた者

第31条 次の各号の一に該当する者は、3年以下の懲役又は300万円以下の罰金に処する。

  (1) 業として勝馬投票券の購入の委託を受け、又は財産上の利益を図る目的をもつて不特定多数の者
     
      から勝馬投票券の購入の委託を受けた者

  (2) 出走すべき馬につき、その馬の競走能力を一時的にたかめ又は減ずる薬品又は薬剤を使用した者

  (3) 競走について財産上の利益を得、又は他人に得させるため競走において馬の全能力を発揮させな
     
      かつた騎手

第32条 前2条の罪を犯した者には、情状により、懲役及び罰金を併科することができる。

第32条の2 調教師、騎手又は競走馬の飼養若しくは調教を補助する者が、その競走に関してわいろを収受
     
      し、又はこれを要求し、若しくは約束したときは、3年以下の懲役に処する。よつて不正の行為
     
       をし、又は相当の行為をしなかつたときは、5年以下の懲役に処する。

第32条の3 前条の場合において収受した賄賂はこれを没収する。その全部又は一部を没収する事ができない
     
       時は、その価額を追徴する。

第32条の4 第32条の2に規定する賄賂を供与し又はその申込み若しくは約束をした者は、3年以下の懲役又は
     
       300万円以下の罰金に処する。

  2 前項の罪を犯した者が自首したときは、その刑を軽減し、又は免除することができる。

第32条の5 偽計又は威力を用いて競馬の公正を害すべき行為をした者は、3年以下の懲役又は200万円以下
     
       の罰金に処する。

第32条の6 競馬においてその公正を害すべき方法による競走を共謀した者は、2年以下の懲役又は100万円
     
       以下の罰金に処する。

第32条の7 第23条の42の規定に違反する行為があつた場合には、その違反行為をした協会の役員又は職員は、
     
       1年以下の懲役又は100万円以下の罰金に処する。

第32条の8 第25条第1項の規定による報告をせず、若しくは虚偽の報告をし、又は同項の規定による検査を
     
       拒み、妨げ、若しくは忌避した場合には、その違反行為をした競馬事務受託者(私人に限る。)又
     
       は協会の役員又は職員は、30万円以下の罰金に処する。

第32条の9 次の各号の何れかに該当する場合には、その違反行為をした協会の役員又は職員は、20万円以下
     
       の過料に処する。

  (1) この法律の規定により農林水産大臣の認可又は承認を受けなければならない場合において、その認可
     
       又は承認を受けなかつたとき。

  (2) 第23条の13第1項の政令の規定に違反して登記することを怠つたとき。

  (3) 第23条の36第1項及び第2項の業務以外の業務を行つたとき。

  (4) 第23条の43の規定に違反したとき。

  (5) 第23条の45第2項の規定による農林水産大臣の命令に違反したとき。

第32条の10 第23条の14の規定に違反した者は、10万円以下の過料に処する。

第33条 次の各号のいずれかに該当する者は、100万円以下の罰金に処する。

  (1) 第29条の規定に違反した者

  (2) 第30条第3号の場合において勝馬投票類似の行為をした者(第29条の2第1項の規定による許可
     
       を受けた場合を除く)

第34条 第28条又は第29条の規定に違反する行為があつた場合において、その行為をした者がこれらの規定に
     
     より勝馬投票券の購入又は譲受けを禁止されている者である事を知りながら、その違反行為の相手方
     
       となつた者(その相手方が発売者である時は、その発売に係る行為をした者)は、50万円以下の
     
       罰金に処する。

附 則
第1条 この法律施行の日(昭和23年7月19日)は、その公布の日から起算して60日をこえない期間内に
     
     おいて、政令でこれを定める。

第2条 競馬法(大正12年法律第47号)競馬法の臨時特例に関する法律(昭和14年法律第38号)地方競馬法
     
     (昭和21年法律第57号)及び馬券税法(昭和17年法律第60号)は、これを廃止する。

  2 馬券税法の廃止前に競馬を開催した者に課した又は課すべきであつた馬券税については、なお従前の例に
     
    よる。

  3 第1項に掲げる法律の廃止前にした行為に対する罰則の適用については、なお従前の例による。

第3条 政府は、日本競馬会及び社団法人中央馬事会(昭和21年2月9日その設立の許可を受けたものをいう。
     
     以下同じ。)の資産及び負債を承継することができる。

  2 都道府県は、馬匹組合連合会(県を区域とする馬匹組合を含む。以下同じ)の資産及び負債を承継する事
     
    ができる。

  3 前項の規定により都道府県が馬匹組合連合会の資産を承継した時は農業協同組合連合会及び農業協同
     
     組合は、当該資産(競馬に必要な資産を除く。)の買受については、政令の定めるところにより、
     
     他の者に優先する。

  4 第1項又は第2項の規定により政府又は都道府県が日本競馬会及び社団法人中央馬事会又は馬匹組合
     
     連合会の資産及び負債を承継した場合においては、これらの団体の解散の登記は農林大臣又は当該
     
     都道府県知事が、これを行う。

第4条 特別区の存する区域内に地方競馬場が存在する場合には、当該地方競馬場が存在する特別区を除く
     
     その他の特別区は、当分の間、第1条第2項第2号に掲げる市町村とみなす。

  (給付金の交付等)
第5条 日本中央競馬会は日本中央競馬会法第19条に規定する業務の他、当分の間、農林水産省令で定める
     
     ところにより、あらかじめ農林水産大臣の認可を受けて、次の各号に掲げる金額を当該各号に定める
     
     者に対し、交付する事ができる。

  (1) 当該競走に対する当該勝馬投票法の種類ごとの勝馬投票券の売得金の額に政令で定める率を超えない
     
     範囲内の率を乗じて得た額(勝馬が複数ある時は、当該額を勝馬の数で除した額)を当該勝馬に対する各
     
     勝馬投票券に按分した額に相当する金額括(以下この条において「1号給付金」という)当該勝馬投票の
     
     的中者

  (2) 第7条第1項から第3項までの規定により算出した金額が、勝馬投票券の券面金額以下となる場合
     
     (第10条第1項の端数切捨てにより勝馬投票券の券面金額となる場合を含む)において、当該勝馬に
     
     対する各勝馬投票券につき、その券面金額の10分の1に相当する金額(以下この条において「2号
     
     給付金」という。)  当該勝馬投票の的中者
 
  2 1号給付金を交付する場合において、前項第1号の規定によつて算出した金額に1円未満の端数がある
     
     時は、その端数は、切り捨てる。
 
  3 2号給付金は、当該2号給付金の交付の対象となる勝馬投票法の種類ごとの払戻金の総額に当該勝馬投票
     
    法の種類ごとの2号給付金の総額を加算した額が当該勝馬投票法の種類ごとの勝馬投票券の売得金の額
     
    を超える場合は、交付してはならない。

  4 1号給付金又は2号給付金を交付する場合において、当該1号給付金又は当該2号給付金に係る債権は、
     
    60日間行わない時は、時効によつて消滅する。

  5 第1項の規定により同項に規定する業務が行われる場合には、日本中央競馬会法第29条の2第1項及び
     
    第5項中「第19条第3項及び第4項」とあるのは「第19条第3項及び第4項並びに競馬法附則第5条第
     
    1項」と同法第40条第3号中「第19条」とあるのは「第19条又は競馬法附則第5条第1項」とする。

第6条 都道府県又は指定市町村は、当分の間その競馬の事業の収支の状況からみて、競馬の円滑な実施に支障
     
    がないものと認められるときは、農林水産省令で定めるところにより、あらかじめ、農林水産大臣の認可
     
    を受けて、次の各号に掲げる金額を、当該各号に定める者に対し、交付することができる。

  (1) 当該競走に対する当該勝馬投票法の種類ごとの勝馬投票券の売得金の額に政令で定める率を超えない
     
    範囲内の率を乗じて得た額(勝馬が複数ある時は、当該額を勝馬の数で除した時)を当該勝馬に対する各
     
    勝馬投票券に按分した額に相当する金額(次項において「1号給付金」という)当該勝馬投票の的中者

  (2) 第7条第1項から第3項までの規定により算出した金額が、勝馬投票券の券面金額以下となる場合に
     
    おいて、当該勝馬に対する各勝馬投票券につき、その券面金額の10分の1に相当する金額(次項におい
     
    て「2号給付金」という。)  当該勝馬投票の的中者

  2 前条第3項の規定は2号給付金について、同条第4項の規定は1号給付金及び2号給付金について準用。
     
    (特定事業収支改善措置を実施した都道府県又は指定市町村に対する還付)

第7条 都道府県又は指定市町村は、その競馬の事業の収支が著しく不均衡な状況にあり、又は著しく不均衡な
     
    状況となる事が確実であると見込まれる為、農林水産省令で定めるところにより、競馬場の改修その他の
     
    競馬の事業の収支の改善を図る措置として農林水産省令で定めるもの(以下この項において「特定事業収支
     
    改善措置」という)の実施以外の方法によつてはその競馬の事業の収支の改善を図ることが困難であると
     
    農林水産大臣が認めた場合において、平成20年度から平成24年度までの間の各年度において特定事業
     
    収支改善措置に要した費用の額について農林水産省令で定めるところにより、当該特定事業収支改善措置
     
    を実施した年度(次項において「実施年度」という)の翌年度に農林水産大臣の認定を受ける事ができる。

  2 協会は、農林水産省令で定めるところにより、前項の認定を受けた都道府県又は指定市町村(以下この項
     
    において「認定都道府県等」という)の申請により実施年度に当該認定都道府県等が開催した競馬に係る
     
    1号交付金のうち前項の認定を受けた額(その額が実施年度において当該認定都道府県等が開催した競馬
     
    に係る1号交付金の合計額の3分の1を超える場合は、当該合計額の3分の1)に相当する金額を還付し
     
    なければならない。

  (協会の行う業務に必要な資金の確保)
第8条 協会は、平成17年度から平成24年度までに限り、第23条の42の規定にかかわらず、第23条の
     
    36第1項第6号及び第8号に掲げる業務並びにこれらに附帯する業務に必要な経費の財源に充てる為、
     
    農林水産大臣の承認を受けた金額を畜産振興勘定から競馬活性化勘定に繰り入れる事ができる。

  2 日本中央競馬会は、平成17事業年度から平成24事業年度までに限り、日本中央競馬会法第29条の
     
    2第5項の規定にかかわらず、協会が行う次に掲げる業務に必要な経費の財源に充てる為、同条第1項の
     
    特別振興資金からそれぞれ農林水産大臣の定める金額を協会に交付するものとする。

  (1) 第23条の36第1項第6号及び第8号に掲げる業務

  (2) 競走馬生産振興業務(地方競馬の事業からの撤退、認定競馬活性化計画の実施その他の地方競馬をめぐ
     
    る情勢の変化に対応して行う競走馬の生産の振興に資する為の事業につきその経費を補助する業務をいう。
     
    次条において同じ。)

  (競走馬生産振興業務に係る勘定)
第9条 協会は、政令で定める期限までの間、第23条の43の規定に関わらず、競走馬生産振興業務及びこれに
     
    附帯する業務に係る経理については他の経理と区分し、特別の勘定(次項及び第3項において「競走馬生産
     
    振興勘定」という。)を設けて整理しなければならない。

  2 前項の規定により競走馬生産振興勘定が設けられる場合には、第23条の43第1号中「業務」とあるのは
     
    「業務(競走馬生産振興業務及びこれに附帯する業務を除く)」と第32条の9第4号中「第23条の43」
     
    とあるのは「第23条の43又は附則第9条第1項」とする。

  3 協会は、第1項の政令で定める期限の翌日に競走馬生産振興勘定を廃止するものとしその廃止の際競走馬
     
    生産振興勘定に属する資産及び負債については、畜産振興勘定に帰属させるものとする。

  (総務省設置法の適用除外)
第10条 競馬法及び日本中央競馬会法の一部を改正する法律(平成19年法律第76号)の施行後においては、
     
    協会については、総務省設置法(平成11年法律第91号)第4条第15号の規定並びに同条第19号
     
    及び第21号の規定(同条第19号ニに掲げる業務に関する事務に係る部分を除く。)は、適用しない。

[附 則 (昭和24年5月31日法律第155号)]
  この法律は、農林省設置法(昭和24年法律第153号)施行の日(昭和24年6月1日)から施行する。

[附 則 (昭和24年6月6日法律第197号)]
  この法律は、公布の日から施行する。

[附 則 (昭和24年6月6日法律第198号)]

  1 この法律は、公布の日から施行する。

  2 この法律施行の日に現に馬主の登録を受けている者であつて第13条第3号に該当する者については、
     
    その登録をまつ消する。

  3 国営競馬特別会計法(昭和24年法律第42号)の一部を次のように改正する。
   第4条中「第12条第2項及び第4項」を「第12条第5項」に改める。

  4 この法律施行前にした行為に対する罰則の適用については、なお従前の例による。

[附 則 (昭和24年12月17日法律第275号)]
  この法律は、公布の日から施行する。

[附 則 (昭和25年5月30日法律第210号抄)]
  1 この法律は、公布の日から施行する。

[附 則 (昭和25年5月31日法律第216号)]
  この法律は、公布の日から施行する。

[附 則 (昭和25年12月12日法律第259号)]
  1 この法律は、公布の日から起算して10日を経過した日から施行する。

  2 競馬法第22条において準用する同法第9条及び附録第2の改正規定の地方競馬に対する適用については
     
    昭和26年12月31日までは都道府県又は指定市町村は、条例の定める処によりなお従前の例による事が
     
    できる。

[附 則 (昭和25年12月21日法律第294号)]
  この法律は、公布の日から施行する。

[附 則 (昭和26年4月9日法律第141号)]
  この法律は、公布の日から施行する。

[附 則 (昭和26年5月22日法律第156号)]

  1 この法律は、公布の日から施行する。

  2 改正前の競馬法第1条第1項の規定による指定を受けた市町村はこの法律施行の日において、改正後の同法
     
    第1条第1項第1号の規定による指定を受けたものとみなす。

[附 則 (昭和27年7月31日法律第262号抄)]

  1 この法律は、自治庁設置法(昭和27年法律第261号)施行の日(昭和27年8月1日)から施行する。

[附 則 (昭和28年8月15日法律第213号抄)]

  1 この法律は、昭和28年9月1日から施行する。

[附 則 (昭和29年5月13日法律第95号抄)]

  (施行期日)
  1 この法律は、公布の日から施行する。

[附 則 (昭和29年7月1日法律第205号抄)]

  (施行期日)
  1 この法律は、昭和30年3月31日以前において政令で定める日(昭和29年9月16日)から施行する。

  (経過規定)
  13 この法律の施行の際現に改正前の競馬法第13条から第15条までの規定により受けている登録は改正後の
     
    同法の相当規定に基いて受けたものとみなす。

  14 この法律の施行の際現に改正前の競馬法第16条の規定により受けている免許はその有効期間中は、改正後
     
    の同法の相当規定に基いて受けたものとみなす。

  15 附則第12項の規定による競馬法の改正前にした行為に対する罰則の適用については、なお従前の例による。

  (国営競馬特別会計法の特例)
  16 昭和29年度における国営競馬特別会計法(昭和24年法律第42号)の規定の適用については同法第6条に
     
    規定するものの外、第27条の規定による競馬会からの国庫納付金をもつて国営競馬特別会計の業務勘定の
     
    歳入とし中央競馬の監督に要する経費をもつて同勘定の歳出とするものとし同法第7条第1項中「地方競馬
     
    の監督」とあるのは「中央競馬及び地方競馬の監督」と読み替えるものとする。

[附 則 (昭和30年6月14日法律第21号)]
  この法律は、公布の日から起算して1月を経過した日から施行する。

[附 則 (昭和33年3月24日法律第12号抄)]
  1 この法律は、公布の日から起算して30日以内で政令で定める日(昭和33年4月1日)から施行する。

[附 則 (昭和35年6月30日法律第113号抄)]

  (施行期日)
第1条 この法律は、昭和35年7月1日から施行する。

[附 則 (昭和37年4月20日法律第83号)]
  (施行期日)
第1条 この法律は、公布の日から起算して9月をこえない範囲内において政令で定める日(昭和37年8月1日)から施行する。ただし、附則第2条から第6条までの規定は、公布の日から施行する。

  (地方競馬全国協会の設立)
第2条 農林大臣は、地方競馬全国協会(以下「協会」という)の会長、副会長又は監事となるべき者を指名する。
    
2 前項の規定により指名された会長、副会長又は監事となるべき者は、協会の成立の時において、競馬法の規定
     
   により、それぞれ会長、副会長又は監事に任命されたものとする。

第3条 農林大臣は、設立委員を命じて、協会の設立に関する事務を処理させる。

第4条 設立委員は、協会の設立の準備を完了したときは、その事務を附則第2条第1項の規定により指名された
    
   会長となるべき者に引き継がなければならない。

第5条 附則第2条第1項の規定により指名された会長となるべき者は、前条の規定による事務の引継ぎを受けた
     
   時は遅滞なく、政令で定めるところにより、設立の登記をしなければならない。

第6条 協会は、前条の規定による設立の登記をすることによつて成立する。

  (経過規定)
第7条 この法律の施行の際現に改正前の第1条第1項の規定により指定を受けている市町村は、昭和43年3月
     
   31日までは、改正後の第1条第2項の規定による指定を受けたものとみなす。昭和40年3月31日法律第
     
   22号〔競馬法の一部を改正する法律の一部を改正する法律による改正〕

第8条 この法律の施行前に改正前の第22条において準用する改正前の第13条第1項、第14条又は第16条
     
   の規定により都道府県又は都道府県の組合の行なつた馬主若しくは馬の登録又は騎手の免許でこの法律の施行
     
   の際現に効力を有するものは、それぞれ改正後の第22条において準用する改正後の第13条第1項、第14
     
   条又は第16条の規定により協会が行なつたものとみなす。ただし、騎手の免許については、その従前の免許
     
   の有効期間を経過した場合は、この限りでない。

第9条 前条に規定する登録又は免許を行なつていた都道府県又は都道府県の組合は、この法律の施行後遅滞なく
     
   その登録又は免許に関する原簿その他の必要な書類を協会に引き継ぐものとする。

第10条 中央競馬及び地方競馬において、その回の競馬の開催の初日がこの法律の施行前に属する回のこの法律の
     
   施行後における競馬の実施については、なお従前の例による。

第11条 地方競馬において、その回の競馬の開催の初日がこの法律の施行前に属する回の競馬については、改正後
     
   の第23条の2の規定は、適用しない。

第12条 この法律の施行の際現に地方競馬全国協会という名称を使用している者は、この法律の施行後1年以内に
     
   その名称を変更しなければならない。

2 改正後の第23条の8の規定は、前項に規定する期間内は、同項に規定する者には、適用しない。
     
第13条 協会の最初の事業年度は改正後の第23条の24の規定か関わらずその成立の日に始まり、昭和38年
     
   3月31日に終わるものとする。

  2 協会の最初の事業年度の予算及び事業計画について改正後の第23条の25第1項中「当該事業年度の開始
     
   前に」とあるのは「協会の設立後遅滞なく」とする。

第14条 この法律の施行前にした行為に対する罰則の適用については、なお従前の例による。

  (登録税法の一部改正)
第15条 登録税法(明治29年法律第27号)の一部を次のように改正する。
     
   第19条第7号中「日本中央競馬会法」の下に「、地方競馬全国協会」を「日本中央競馬会法」の下に
     
   「、競馬法」を加える。

  (所得税法の一部改正)
第16条 所得税法(昭和22年法律第27号)の一部を次のように改正する。
   第3条第1項第10号中「及び日本中央競馬会」を「、日本中央競馬会及び地方競馬全国協会」に改める。

  (法人税法の一部改正)
第17条 法人税法(昭和22年法律第28号)の一部を次のように改正する。

   第5条第1項第6号中「北方協会」の下に「、地方競馬全国協会」を加える。

  (地方税法の一部改正)
第18条 地方税法(昭和25年法律第226号)の一部を次のように改正する。
   第72条の5第1項6号中「北方協会」の下に「、地方競馬全国協会」を加える。

[附 則 (昭和40年3月31日法律第22号)]
  この法律は、公布の日から施行する。

[附 則 (昭和43年5月17日法律第52号)]
  この法律は、公布の日から施行する。ただし、附則に第42条を加える改正規定は、公布の日から起算して
     
   1月をこえない範囲内において政令で定める日(昭和43年6月4日)から施行する。

[附 則 (昭和49年6月1日法律第71号抄)]

  (施行期日)
第1条 この法律は、公布の日から施行する。ただし〔中略〕附則第7条から第11条まで〔中略〕の規定
     
   (以下「特別区に関する改正規定」という。)は、昭和50年4月1日から施行する。

[附 則 (昭和53年7月5日法律第87号抄)]

  (施行期日)
第1条 この法律は、公布の日から施行する。〔ただし書略〕

  (農業倉庫業法等の一部改正)
第12条 次に掲げる法律の規定中「農林大臣」を「農林水産大臣」に改める。〔以下略〕

[附 則 [](平成3年5月10日法律第70号抄)]

  (施行期日等)
第1条 この法律は、公布の日から起算して6月を超えない範囲内において政令で定める日
     
   (平成3年9月16日)から施行する。ただし、第1条中競馬法別表の改正規定は
     
   平成3年10月1日から同法第11条及び第12条の改正規定は平成4年4月1日から施行する。
     
   第2条から第4条まで 削除〔平成16年法律第86号競馬法の一部を改正する法律による改正〕

  (消滅時効の期間に関する経過措置)
第5条 勝馬投票券についての払戻金又は返還金の債権であって平成4年3月31日以前
     
   に生じたものの時効期間については、なお従前の例による。

  (地方競馬の騎手の免許に関する経過措置)
第6条 この法律の施行の際現に第1条の規定による改正前の競馬法(以下「旧競馬法」という)
     
   第22条において準用する旧競馬法第16条の規定に基づき免許を受けている騎手は、
     
   農林水産省令で定めるところにより新競馬法第22条において準用する新競馬法第16条第1項の規定

   に基づき免許を受けた調教師又は騎手とみなす。

  (地方競馬全国協会の副会長の任命に関する経過措置)
第7条 この法律の施行の際限に地方競馬全国協会の副会長である者は、その際新競馬法第23条の12第2項
     
   の規定により副会長として任命されたものとみなす。

  (地方競馬全国協会の役員の任期に関する経過措置)
第8条 この法律の施行の際限に地方競馬全国協会の副会長、理事又は監事である者の任期は
     
   新競馬法第23条の12第3項の規定にかかわらずこの法律の施行の際における旧競馬法第23条
     
   の12第3項の規定によるその者の地方競馬全国協会の副会長、理事又は監事としての残任期間と

   同一の期間とする。

  (罰則に関する経過措置)
第12条 この法律の施行前にした行為に対する罰則の適用については、なお従前の例による。

  (政令への委任)
第13条 附則第4条から前条までに規定するもの他、この法律の施行に関し必要な経過措置は、政令で定める。
     
[附 則 (平成6年6月29日法律第49号抄]

  (施行期日)
  1 この法律中[中略]第2章の規定は地方自治法の一部を改正する法律(平成6年法律第48号)
     
   中地方自治法(昭和22年法律第67号)第3編第3章の改正規定の施行の日(平成7年6月15日)

   から施行する。

[附 則 (平成9年6月24日法律第103号抄)]

  (施行期日)
第1条 この法律は、公布の日から施行する。〔以下略〕

  (経過措置)
第2条 [略]第39条、[中略]の規定による改正後の法律の規定は、平成8年4月1日に始まる事業年度に係る
     
   当該法律の規定に規定する書類〔中略〕から適用する。

[附 則 (平成11年12月8日法律第151号抄)]

  (施行期日)
第1条 この法律は、平成12年4月1日から施行する。[ただし書略]

[附 則 (平成11年12月22日法律第160号抄)]

  (施行期日)
第1条 この法律(第2条及び第3条を除く。)は、平成13年1月6日から施行する。[ただし書略]

[附 則(平成16年6月9日法律第86号抄)]

  (施行期日)
第1条 この法律は、平成17年1月1日から施行する。

  (払戻金の交付に関する経過措置)
第2条 この法律の施行前に実施された競走に係るこの法律による改正前の競馬法第8条
     
   (同法第22条において読み替えて準用する場合を含む)の規定による払戻金の交付に
     
   ついては、なお従前の例による。

  (罰則に関する経過措置)
第3条 この法律の施行前にした行為に対する罰則の適用については、なお従前の例による。

  (競馬法及び日本中央競馬会法の一部を改正する法律の一部改正)
第5条 競馬法及び日本中央競馬会法の一部を改正する法律(平成3年法律第70号)の一部を次のように改正。

   附則第2条から第4条までを次のように改める。

第2条から第4条まで 削除
  (競馬法及び日本中央競馬会法の一部を改正する法律の一部改正に伴う経過措置)

第6条 この法律の施行前に実施された競走については前条の規定による改正前の競馬法及び
     
   日本中央競馬会法の一部を改正する法律附則第2条及び第3条の規定は平成17年3月31日
     
   までの間なおその効力を有する。

2 日本中央競馬会は、平成17年3月31日において、前項の規定によりなお効力を有するものと
     
   される前条の規定による改正前の競馬法及び日本中央競馬会法の一部を改正する法律附則第2条第4項
     
   において読み替えて準用する日本中央競馬会法第29条の2第1項の特別給付資金(以下この項において
     
   「特別給付資金」という)を廃止するものとし、その廃止の際特別給付資金に属する資産及び負債について
     
   は同法第29条の2第1項の特別振興資金に帰属させるものとする。

[附 則(平成18年6月2日法律第50号抄)]

(施行期日)
  1 この法律は、一般社団・財団法人法の施行の日から施行する。〔以下略〕
   
  2 〔略〕

  3 〔略〕

[附 則(平成19年6月6日法律第76号抄)]

  (施行期日)
第1条 この法律は、公布の日から起算して1年を超えない範囲内において政令で定める日から施行する。
     
   ただし、次の各号に掲げる規定は、当該各号に定める日から施行する。

  (1) 附則第4条、第7条及び第12条の規定     公布の日
   
  (2) 第1条中競馬法附則第6条第2項の改正規定(「附則第6条第1項」を「附則第9条第1項」
     
      に改める部分に限る。)、同条を同法附則第9条とする改正規定、同法附則第5条を同法附則
     
      第8条とする改正規定及び同法附則第4条の次に3条を加える改正規定並びに第2条の規定並びに
     
      附則第8条から第11条まで及び第19条の規定公布の日から起算して6月を超えない範囲内

      において政令で定める日
   
  (交付金の特例に関する経過措置)
第2条 都道府県又は指定市町村はこの法律の施行の際現に第1条の規定による改正前の競馬法
     
     (以下「旧競馬法」という)第23条の2第1項の規定により旧競馬法第23条第1項第1号
     
     の規定による交付金(以下この項において「1号交付金」という。)の交付の期限を延長している
     
     場合において特例期間(旧競馬法第23条の2第2項第1号に規定する特例期間をいう。以下この
     
     条においてじ)が終了するまでの間においては、既に当該1号交付金の交付の期限を延長している
     
     期間と併せて5年を超えない範囲内において当該特例期間を更に延長する事ができる。

  2 第1条の規定による改正後の競馬法(以下「新競馬法」という)第23条の2第2項及び第4項
     
     並びに第23条の3の規定は、前項の特例期間の延長について準用する。

  (競馬連携計画に関する経過措置)
第3条 この法律の施行前に旧競馬法第23条の7第1項の認定を受けた都道府県又は指定市町村が作成した
     
     当該認定に係る競馬連携計画(旧競馬法第23条の8第1項の変更があった時は、その変更後のもの)
     
     は、新競馬法第23条の7第1項の認定に係る競馬活性化計画とみなす。

  (地方競馬全国協会の定款に関する経過措置)
第4条 地方競馬全国協会は、この法律の施行の日(以下「施行日」という)までに新競馬法第23条の
     
     16第1項に規定する定款を作成し、農林水産大臣の認可を受けるものとする。この場合において、
     
     その認可の効力は、施行日から生ずるものとする。

 (地方競馬全国協会の役員に関する経過措置)
第5条 この法律の施行の際現に在職する地方競馬全国協会の会長、副会長、理事又は監事である者は
     
     それぞれ施行日に新競馬法第23条の26第1項から第3項までの規定により理事長、副理事長
     
     、理事又は監事として任命されたものとみなす。この場合において、その任命されたものとみな
     
     される者の任期は、同条第4項の規定に関わらず、施行日における旧競馬法第23条の18第3項
     
     の規定による会長、副会長、理事又は監事としてのそれぞれの任期の残任期間と同一の期間とする。

 (地方競馬全国協会の評議員の任期に関する経過措置)
第6条 施行日の前日において地方競馬全国協会の評議員である者の任期は、旧競馬法第23条の27第3項の
     
     規定にかかわらず、その日に満了する。

 (罰則に関する経過措置)
第11条 この法律(附則第1条各号に掲げる規定については、当該規定)の施行前にした行為に対する罰則の適用
     
     については、なお従前の例による。

  (政令への委任)
第12条 附則第2条から前条までに規定するものの他、この法律の施行に関し必要な経過措置は政令で定める。

 (検討)
第13条 政府は、この法律の施行後10年を経過した場合において、新競馬法及び新中央競馬会法の施行の状況
     
     について検討を加え必要があると認めると時は、その結果に基づいて所要の措置を講ずるものとする。

 (国立国会図書館法の一部改正)
第14条 国立国会図書館法(昭和23年法律第5号)の一部を次のように改正する。
     
 別表第1地方競馬全国協会の項を削る。
     
 別表第2日本下水道事業団の項の前に次の様に加える。地方競馬全国協会競馬法(昭和23年法律第158号)

 (行政事件訴訟法等の一部改正)
第15条 次に掲げる法律の表地方競馬全国協会の項を削る。

 (1) 行政事件訴訟法(昭和37年法律第139号)別表

 (2) 独立行政法人等の保有する情報の公開に関する法律(平成13年法律第140号)別表第1

 (3) 独立行政法人等の保有する個人情報の保護に関する法律(平成15年法律第59号)別表

 (行政事件訴訟法の一部改正に伴う経過措置)
第16条 この法律の施行前に前条第1号の規定による改正前の行政事件訴訟法の規定に基づき提起された
     
     地方競馬全国協会を被告とする抗告訴訟の管轄については、なお従前の例による。

 (独立行政法人等の保有する情報の公開に関する法律の一部改正に伴う経過措置)
第17条 この法律の施行前に附則第15条第2号の規定による改正前の独立行政法人等の保有する情報
     
     の公開に関する法律に基づき地方競馬全国協会がした行為及び地方競馬全国協会に対してなされた
     
     行為については、なお従前の例による。
     
 (独立行政法人等の保有する個人情報の保護に関する法律の一部改正に伴う経過措置)
第18条 この法律の施行前に附則第15条第3号の規定による改正前の独立行政法人等の保有する
     
     個人情報の保護に関する法律(以下この条において「旧法」という)に基づき地方競馬全国協会
     
     がした行為及び地方競馬全国協会に対してなされた行為については、なお従前の例による。

  2 次に掲げる者が、正当な理由がないのに地方競馬全国協会がこの法律の施行前に保有していた
     
     個人の秘密に属する事項が記録された旧法第2条第4項に規定する個人情報ファイルであって
     
     同項第1号に係るもの(その全部又は一部を複製し、又は加工したものを含む。)を提供した時は
     
     2年以下の懲役又は100万円以下の罰金に処する。

 (1) 地方競馬全国協会の役員若しくは職員又はこれらの職にあった者

 (2) 地方競馬全国協会から旧法第2条第2項に規定する個人情報の取扱いの委託を受けた者が受託
     
     した業務に従事している者又は従事していた者

 (3) 前項各号に掲げる者がその業務に関して知り得た地方競馬全国協会がこの法律の施行前に
     
     保有していた旧法第2条第3項に規定する保有個人情報を自己若しくは第三者の不正な利益を
     
     図る目的で提供し、又は盗用したときは、1年以下の懲役又は50万円以下の罰金に処する。

 (4) 前2項の規定は、日本国外においてこれらの項の罪を犯した者にも適用する。

別表(第23条の2関係)売得金の額 地方競馬全国協会に交付すべき額

2億円以上3億円未満
  売得金の額の1000分の3.5。ただし、売得金の額の1000分の986が2億円未満となる時は、
     
  当該売得金の額と2億円との差額の1000分の250

3億円以上4億円未満
  売得金の額の1000分の4.5。ただし、売得金の額の1000分の982が2億9580万円未満となる時は、
     
  当該売得金の額と2億9580万円との差額の1000分の250

4億円以上8億円未満
  売得金の額の1000分の5.5。ただし、売得金の額の1000分の987が3億9280万円未満となる時は、
     
  当該売得金の額と3億9280万円との差額の1000分の250

8億円以上12億円未満
  売得金の1000分の6.5。ただし売得金の額の1000分の974が7億8240万円未満となる時は
     
  当該売得金の7額と億8240万円との差額の1000分の250

12 億円以上17億円未満
  売得金の額の1000分の8.5。ただし、売得金の額の1000分の966が11億6880万円未満となるときは、
     
  当該売得金の額と11億6880万円万円との差額の1000分の250

17億円以上
  売得金の額の1000分の10.5。ただし、売得金の額の1000分の958が16億4220万円未満となる時は、
     
  当該売得金の額と16億4220万円との差額の1000分の250

附録

第1号算式
 (W+D/P)×(1-R)=T
  Wは、当該勝馬に対する勝馬投票券の総券面金額とする。
  Dは、出走した馬であつて勝馬以外のものに対する勝馬投票券の総券面金額とする。
  Pは、勝馬の数(勝馬投票の的中者がない場合にあつては、1)とする。
  Rは、第8条(第22条において準用する場合を含む。)の規定により、農林水産大臣が定める率とする。

第2号算式
  (T-W)× r
  Tは、第1号算式のTに同じ。
  Wは、第1号算式のWに同じ。
  rは、100分の10とする。

第3号算式
  A/P×a
  Aは、出走したすべての馬に対する勝馬投票券の総券面金額とする。
  Pは、第1号算式のPに同じ。
  aは、100分の5以内で中央競馬及び地方競馬ごとに農林水産大臣が定める率とする。

[理 由 (昭和23年7月13日法律第158号)]
  公正な競馬を行うため、競馬を国営及び都道府県営とする必要がある。これらがこの法律案
     
  を提出する理由である。

[理 由 (昭和24年6月6日法律第197号)]
  著しく災害を受けた町村で内閣総理大臣が指定するものもその財源確保のために競馬を行う
     
  ことができる事とする必要がある。これが、この法律案を提出する理由である。

[理 由 (昭和24年6月6日法律第198号)]
  実施の結果に鑑み、重勝式勝馬投票法を加え、無料入場を廃止し1年以上の懲役に処せられた者を馬主
     
  から除き罰則を重くする等競馬法の一部を改正する必要がある。これがこの法律案を提出する理由である。

[理 由 (昭和24年12月17日法律第275号)]
  著しく災害を受けた市町村で競馬施行の指定を受けたものの内、特に横浜市、名古屋市、大阪市及び神戸市
     
  の大都市に対し、都道府県同様開催回数増加の必要がある。これがこの法律案を提出する理由である。

[理 由 (昭和25年5月31日法律第216号)]
  その区域内に競馬場が存在する指定市は、他の指定市に比して競馬場の維持管理等の経費を多額に
     
  要するので他の指定市町村より競馬開催回数を増加してその収入の増加を図る必要がある。これが
     
  この法律案を提出する理由である。

[理 由 (昭和25年12月12日法律第259号)]
  競馬の振興の為控除率を引下げる等の為競馬法の一部を改正する必要がある。これがこの法律案を
     
  提出する理由である。

[理 由 (昭和25年12月21日法律第294号)]
  名古屋市を中心とする地区に国営競馬場を開設して国営競馬の勝馬投票券の発売金額の増大を図る
     
  必要がある。これが、この法律案を提出する理由である。

[理 由 (昭和26年4月9日法律第141号)]
  現在開催する事のできない事情にある競馬場の開催回数を他の競馬場において行い、国営競馬の
     
  収入の増加を図る必要がある。これが、この法律案を提出する理由である。

[理 由 (昭和26年5月22日法律第156号)]
  著しく災害を受けた市町村でない市町村でもその区域内に地方競馬場が存在する時は競馬を開催
     
  する事ができるようにする必要がある。これが、この法律案を提出する理由である。

[理 由 (昭和30年6月14日法律第21号)]
  競馬の健全な発展を図る為、勝馬投票券の取次業者に対する罰則を定める必要がある。これが、
     
  この法律案を提出する理由である。

[理 由 (昭和37年4月20日法律第83号)]
  最近における競馬の施行の状況に顧み、あわせて公営競技調査会の答申にそい、地方競馬の施行
     
  体制を整備すると供に、競馬の実施方法を改善しこれに対する規則を強化する他、地方競馬全国
     
  協会を設立して競馬の公正かつ円滑な実施の推進を図り、その他競馬の収益をもつて畜産の振興
     
  社会福祉の増進等の事業の財源に充てこれらの事業の発展に寄与するよう所要の措置を講ずる等
     
  の必要がある。これがこの法律案を提出する理由である。

[理 由 (昭和40年3月31日法律第22号)]
  競馬法の一部を改正する法律(昭和37年法律第83号)附則第7条に規定する市町村の財政事情
     
  に鑑み、当該市町村が競馬を施行する事ができる期間をさらに3年間延長する必要がある。これが
     
  この法律案を提出する理由である。

[理 由 (昭和43年5月17日法律第52号)]
  特別区の特別な事情にかんがみその地方競馬の施行に関し特例を定めると供に競馬法の一部を改正
     
  する法律(昭和37年法律第83号)附則第7条に規定する市町村の地方競馬の施行の廃止に伴う急激
     
  な財政上の影響を緩和する為、都道府県がその開催する競馬の収益の一部を当該市町村に交付する事
     
  ができる事とする必要がある。これが、この法律案を提出する理由である。

[理 由 (平成3年5月10日法律第70号)]
  最近における競馬をめぐる諸情勢の変化に鑑み、競馬の健全な発展を図り、かつ、畜産の振興に資
     
  する為、競馬の公正の確保のための体制の整備を図ると供に、日本中央競馬会に特別振興資金を設
     
  けて競馬の健全な発展を図る為の業務及び畜産の振興に資する為の業務を行う事ができる事とする
     
  等の必要がある。これが、この法律案を提出する理由である。

[理 由 (平成16年6月9日法律第86号)]
  近年の競馬の売上額の減少に伴う競馬主催者の厳しい事業収支の状況に鑑み、競馬の実施に関する
     
  事務の委託等に係る規制を緩和すると供に、地方競馬主催者に対する必要な支援等の措置を講ずる
     
  必要がある。これが、この法律案を提出する理由である。

[理 由 (平成19年6月6日法律第76号)]
  特殊法人等改革基本法に基づく特殊法人等整理合理化計画の円滑な実施に資する為、地方競馬全国
     
  協会について、これを地方競馬主催者が主体となって運営する法人とすると供に、日本中央競馬会
     
  について、広い経験と知識を有する者から構成される意思決定機関を新たに設置する等の措置を講
     
  ずる必要がある。これがこの法律案を提出する理由である。

 競馬法の規定に基づき払戻金についての農林水産大臣の定める率を定める件
     
 (昭和25年12月20日 農林省告示第385号)
     
 改正 平成16年12月21日 農林水産省告示第2194号

 競馬法(昭和23年法律第158号)第8条(第22条において準用する場合を含む)の規定に基き、農林大臣の
     
 定める率を次のように定め、昭和25年12月22日から施行する。競馬法第8条(第22条において準用
     
 する場合を含む。)の率は、100分の18とする。


競馬用語:五十音別一覧
競馬用語:あ行競馬用語:か行競馬用語:さ行競馬用語:た行競馬用語:な行
競馬用語:は行競馬用語:ま行競馬用語:や行競馬用語:ら行競馬用語:わ行

インブリード(英名:inbreed)
 血統表で5代前までに同一の祖先を持っているような配合のこと。近親交配ともいう。

 サラブレッドの場合は好んで近親配合を行なう場合が多く、表記する場合は「○○(馬名)の3×4」と表す。

 数字は世代数を示し、「ナスルーラの3×4」といえば3代目と4代目にナスルーラが入っているという意味で

 あり、「○○(馬名)の5×5×5」といえば、5代目に3回入っていることを示す。共通祖先の望ましい形質を

 固定させることを目的としているが、逆に隠れていた不良形質が現れる危険性も高くなる。

 日本では競走馬や肉牛(特に繁殖牛)の生産や選別・血統を語る際において使用されるのが主で、畜産分野

 競馬産業から持ち込まれた用語といえるが競馬シミュレーションゲーム「ダービースタリオン」シリーズ

 の大ヒットによりこの言葉が広く知られた経緯もある。他方、純血種の犬や猫の生産に関わるペット業界

 では、生産効率の向上や小型化などを意図した一部の生産者により、インブリードを意図的かつ過剰に

 発生させるケースが近年相次いでいる。この結果として奇形や感覚障害といった先天的な問題を抱える

 ペットが少なからず生産され、テレビ番組でも取り上げられるなど大きな問題に発展している。しかし

 インブリードは品種改良や品種のスタンダード維持の重要な手段である為、これについて血統登録など

 での規制等を行う事も極めて困難でもあるという一面も持っている。

日本の馬産におけるインブリード

 日本の馬産におけるインブリードは、血統というものがサラブレッドにとって極めて重要なものであると認識

 された頃から生産者に意識され、その実験的な試みが行われている。歴代顕彰馬の中で最も生まれが早い

 クモハタも「ハンプトンの5×5」と「セントサイモンの5×5」を持っている。生産者以外でも意識され始めた

 きっかけは「トキノミノル」が10戦全勝で日本ダービーを制した事で、血統にあったザテトラークの「3×4」

 という配合が、名馬が多く誕生する「奇跡の血量18.75%」としてスポーツ新聞などで持て囃される様になった

 事によるとされる。なお「3×4」「18.75%」という血量の根拠については諸説あり、現在に至るまで有力な決め

 手になる物が無いが、一説ではトキノミノル亡き後に同年の菊花賞を制したトラックオーが「ブカンの3×4」と

 いうインブリードを持っていた事により、日本では定説になったという説がある。この「奇跡の血量」を持つ

 日本の競走馬は、「コダマ(ブランドフォードの4×3)」「トウショウボーイ(ハイペリオンの3×4)」などがいる

 (ちなみにこのハイペリオン自身も「セントサイモンの3×4」を持つ事で知られる)。現在状況として1980年代

 にノーザンテースト、マルゼンスキーが大成功した事もあり、2頭の共通の祖先であるノーザンダンサーの血

 を引く繁殖馬が多く、1990年代を中心にノーザンダンサーの「奇跡の血量」を持たせる交配が多く試された。

 一方、1990年代後半からは日本馬産史上最大の成功種牡馬とも言われるサンデーサイレンスから広がった

 血統を持つ種牡馬・繁殖牝馬が日本の馬産史上無い速度で広まり、近い将来にサンデーサイレンスの血統と

 そのインブリードを持つ馬で飽和状態となり、やがて「日本版セントサイモンの悲劇」の様な事態が起きるので

 はないかという懸念もある。だがセントサイモンの時代と現在の生産・流通事情は異なる為、同様の状況

 に至る可能性は低い。
 
類義語・対義語・関連語リンク

 ⇔アウトブリード(英名:outbreed)

競馬用語:五十音別一覧
競馬用語:あ行競馬用語:か行競馬用語:さ行競馬用語:た行競馬用語:な行
競馬用語:は行競馬用語:ま行競馬用語:や行競馬用語:ら行競馬用語:わ行

イギリスクラシック三冠(英名:Triple Crown)
 イギリスクラシック三冠(イギリスクラシックさんかん、Triple Crown)とはイギリス競馬でクラシック競走

 の内牡馬が出走可能な2000ギニーステークス・ダービーステークス・セントレジャーステークスの3競走

 (三冠競走)を全て制する事、またはその3競走自体を指す。世界各地に存在する同様の三冠の中で最も

 古くに成立し、以降の様々な三冠の模範となった。しかし、20世紀後半に進行した競馬のスピード化

 により、長距離で行われるセントレジャーステークスの権威が低下し、三冠を狙えるような強豪馬に

 とって出走する意味が薄くなった事、さらには距離別に路線が整備され、細かな専門化が進んだ事も

 あり、現在はほぼ形骸化している。過去に達成した馬は15頭存在している。

 この記事では広義のイギリスクラシック三冠について説明し、牝馬三冠や変則三冠についても含め記述。

 牝馬三冠は1000ギニーステークス、オークスステークス、セントレジャーステークスの3競走の事を指し

 イギリス牝馬三冠(the fillies' Triple Crown)と表記される。こちらの達成馬は9頭。他にこの2種類の

 組み合わせによらない変則クラシック三冠馬が1頭いる。

 三冠が成立したのは19世紀中頃である。1809年に2000ギニーが初めて施行され、先んじて創設されていた

 エプソムダービー、セントレジャーステークスと合わせ現在のようなクラシック路線が整った。

 この3競走は当初から三冠の為の競走として作られた訳ではなく別々に設立されたものであり路線が整備

 されてから暫くは三冠の概念はなかったが、当時少なかった3歳馬を対象とするパターンレースである事

 子馬の時にクラシック登録と呼ばれるレースへの出走手続き(馬主による賭け)がある事、ヒート競走

 の様に何度も勝負をせず1回切りのレースで勝敗が決まる事等の共通点が存在する。次第に人気を集める

 様になったこれらの競走を全てを制することに価値が見出され三冠が成立した。1836年に無敗で、

 2000ギニー・エプソムダービーを制し二冠馬となったベイミドルトンはセントレジャーステークスに出走

 せず三冠に挑戦していないが、1853年にはウェストオーストラリアンが2000ギニー、エプソムダービー

 に続いてセントレジャーステークスを3馬身差で制し、初の三冠馬となった。その後も有力馬がこの3競走

 に出走した事でクラシックが形成され、19世紀末から20世紀初頭におそらくラグビーからであろうが

 Triple Crownという言葉が持ち込まれ使われる様になった。ただ完全に普及するのは後年、アメリカで

 使われる様になってからである。一方、牝馬三冠路線が成立したのは牡馬路線から5年後の1814年。
 
 初代達成馬は1868年のフォルモサ。ただし、19世紀においては、2000ギニーやエプソムダービーにも

 牝馬が出走することが珍しくなかった。フォルモサは2000ギニーにも出走しており1着。1882年に

 ショットオーバーという牝馬が2000ギニーとエプソムダービーを制し、セントレジャーステークスで

 クラシック三冠に挑んだこともある。(結果は同じ牝馬ダッチオーブンに敗れ三冠ならず)。

 1000ギニー・エプソムオークス・セントレジャーステークスが最終的に牝馬三冠として固定されたのは

 19世紀の末期であった。なお、1840年にはウェストオーストラリアンに先んじてクルシフィックスが

 2000ギニー・1000ギニー・エプソムオークスの3競走を制している。これは通常三冠と呼ばれる事はない

 がクラシックを3勝している事には違いない為、牝馬三冠馬の1頭に入れたり、変則三冠馬と呼ばれる。

 20世紀に入ってから1935年までに牡馬5頭、牝馬3頭の三冠馬が誕生したが第二次世界大戦後には以前

 から進行していた長距離軽視の流れ、各路線の整備、台頭してきた凱旋門賞へのローテの厳しさから

 三冠へ挑む馬がいなくなり、1946年から2007年現在2000ギニー・エプソムダービーの二冠馬になった

 馬は7頭いるものの、ニジンスキー以外は全てセントレジャーステークスを回避し三冠に挑んでいない。

 1970年、イギリス競馬界の強いキャンペーンの甲斐あり35年ぶりにニジンスキーが三冠馬となったが、

 直後の凱旋門賞で敗戦し、この敗戦がセントレジャーステークスに出走した為だという憶測が流れた

 事はセントレジャーステークスのさらなる軽視に繋がった。1987年にはエプソムダービー優勝馬

 レファレンスポイントがセントレジャーステークスに出走し、優勝したが、、三冠体系崩壊の波は

 止まらず、2年後の1989年、二冠馬ナシュワンがセントレジャーステークスを回避したことが決定打

 となった。その後セントレジャーステークスに出走する有力馬は殆どいなくなり、さらには2000

 ギニー優勝馬がエプソムダービーに出走することさえ少なくなってきている。

クラシック三冠馬(英名:Triple Crown)

 West Australian(1853年) Gladiateur(1865年) Lord Lyon(1866年) Ormonde(1886年)

 Diamond Jubilee(1900年) Common(1891年) Isinglass(1893年) Galtee More(1897年)

 Flying Fox(1899年) Rock Sand(1903年) Pommern(1915年) Gay Crusader(1917年)

 Gainsborough(1918年) Bahram(1935年) Nijinsky(1970年)

牝馬クラシック三冠馬(英名:Triple Crown)

 Formosa(1868年) Hannah(1871年) Apology(1874年) La Fleche(1892年) Sceptre(1902年)

 Pretty Polly(1904年) Sun Chariot(1942年) Meld(1955年) Oh So Sharp(1985年)

 1840年にCrucifixが2000ギニー、1000ギニー、オークスの3競走に優勝し、広義の意味でのクラシック三冠

 を、ウェストオーストラリアンが本来のクラシック三冠を始めて達成する13年前に成し遂げている。また、

 さらにこの変則版である牝馬四冠も過去に達成されており、Formosa(1868年)とSceptre(1902年)

 (ともに1000ギニー、2000ギニー、オークス、セントレジャー)の2頭がいる。

 この2頭はイギリス牝馬クラシック三冠、変則クラシック三冠を同時に達成していることになる。
 
年表

 ・1776年 - セントレジャーステークス創設
 
 ・1779年 - ジ・オークスステークス(エプソムオークス)創設
 
 ・1780年 - ザ・ダービーステークス(エプソムダービー)創設
 
 ・1800年 - チャンピオンが初の二冠達成(エプソムダービー・セントレジャーステークス)
 
 ・1809年 - 2000ギニー創設
 
 ・1814年 - 1000ギニー創設
 
 ・1840年 - クルシフィックスが初めてクラシック競走を3勝(2000ギニー・1000ギニー・エプソムオークス)
 
 ・1853年 - ウェストオーストラリアンが初の三冠達成
 
 ・1865年 - グラディアトゥール三冠達成
 
 ・1866年 - ロードリヨン三冠達成
 
 ・1868年 - フォルモサが初の牝馬三冠達成・同時に四冠達成(+ 2000ギニー)
 
 ・1871年 - ハンナ牝馬三冠達成
 
 ・1874年 - アポロジー牝馬三冠達成
 
 ・1882年 - 牝馬がクラシックを全勝
 
 ・1886年 - オーモンド無敗で三冠達成
 
 ・1891年 - コモン三冠達成
 
 ・1892年 - ラフレッシュ牝馬三冠達成
 
 ・1893年 - アイシングラスが無敗で三冠達成
 
 ・1897年 - ガルティーモア三冠達成
 
 ・1899年 - フライングフォックス三冠達成
 
 ・1900年 - ダイヤモンドジュベリー三冠達成・セントサイモン産駒がクラシックを全勝
 
 ・1902年 - セプター牝馬三冠達成同時に四冠達成5大クラシック全出走(エプソムダービー4着)
 
 ・1903年 - ロックサンド三冠達成
 
 ・1904年 - プリティーポリーがセントアマントとの牡牝二冠馬対決を制し無敗で牝馬三冠達成
 
 ・1915年 - ポマーン三冠達成
 
 ・1917年 - ゲイクルセイダーニューマーケットでの代替三冠達成
 
 ・1918年 - ゲインズバラニューマーケットでの代替三冠達成
 
 ・1935年 - バーラム無敗で三冠達成
 
 ・1942年 - サンチャリオットニューマーケットでも代替牝馬三冠達成
 
 ・1955年 - メルド牝馬三冠達成
 
 ・1970年 - ニジンスキーが無敗で三冠達成
 
 ・1985年 - オーソーシャープ牝馬三冠達成

三冠路線

 (距離は時代により若干の変動がある。)

牡馬

 2000ギニー(約1609m)→エプソムダービー(約2423m)→セントレジャーステークス(約2932m)

牝馬

 1000ギニー(約1609m)→ エプソムオークス(約2423m)→セントレジャーステークス(約2932m)

類義語・対義語・関連語リンク

クラシックレース(英名:classic race)  ⇔グレードせい(漢字:グレード制)

競馬用語:五十音別一覧
競馬用語:あ行競馬用語:か行競馬用語:さ行競馬用語:た行競馬用語:な行
競馬用語:は行競馬用語:ま行競馬用語:や行競馬用語:ら行競馬用語:わ行

第4回 阪神カップ(G2)/重賞予想
入賞馬予想表
注目馬
穴馬軸
注目馬    2 キンシャサノキセキ穴馬    13 プレミアムボックス
入賞軸
本命馬
    2 キンシャサノキセキ      →    3 アーリーロブスト     →    4 マルカフェニックス
連帯軸
推奨馬
    1 ショウナンカザン    13 プレミアムボックス
軸馬別
データ

[第4回 阪神カップ (G2)/2009/12/20(日) 発走 15:45/レース統計データ]

 ・2006年にマイラー・スプリンターの活躍機会の為に第1回から全てフルゲート(2006年1頭出走取消)で開催。

 ・G2重賞レースとしては「札幌記念(G2)」と並んで最高額の優勝賞金金額でハイレベルな短距離レースを開催。

 ・「阪神カップ(G2)」創設以来、スプリンターズSやマイルチャンピオンシップ重賞からG1出走馬が多く参戦した。

 ・「阪神カップ(G2)」が行われる芝1400mの距離は日本開催レースで唯一のG1重賞が実施されていない距離。

 ・過去3年間の間に開催された「阪神カップ(G2)」での2着馬は全て芝1400m競争で実績がある競争馬ばかり。

 ・昨年に開催された「阪神カップ(G2)」では、マルカフェニックスとファリダットの2頭馬が1・2着入賞を独占した。

[単勝人気別統計データ]

 ・過去3回開催レースで2006年フサイチリシャールが単勝[8番人気]で2008年マルカフェニックスが勝っている。

 ・過去3年間の間に開催された「阪神カップ(G2)」での単勝オッズ別成績では単勝オッズ[2.9倍以下]が連帯◎。

 ・前走レース5走前までに[GI・JpnI]級のレースで単勝2番人気以内に支持されていた馬は毎年連対している。

[単勝オッズ別統計データ]

 ・単勝オッズが[~2.9倍以下]の馬は、勝率50.0%、連対率100%、3着内率100%

 ・単勝オッズが[50倍~以上]の馬は、勝率0%、連対率0%、3着内率0%

 ・単勝オッズが[3.0~9.9倍]だった馬は過去レースにおいて人気に応える成績は残していない。

 ・単勝オッズが[50倍~以上]だった馬はレースに出走した20頭の全てが6着以下に敗れている。

[前走レース別統計データ]

 -

[前走レース成績別統計データ]

 -

[競走馬別ピックアップデータ]
 
 [馬番:1 ショウナンカザン]  … 前走「第52回 毎日放送賞スワンS(G2)」4着、前走レース全て入賞で○。

 [馬番:3 アーリーロブスト]  … 前走「第54回 京阪杯(G3)」13着、前々走「毎日放送賞スワンS(G2)」2着で○。

 [馬番:4 マルカフェニックス] … 前走「第52回 毎日放送賞スワンS(G2)」3着。馬券に絡めば高配当可能性○。

 [馬番:6 ストロングガルーダ] … 「第58回 ラジオNIKKEI賞(G3)」1着。「エーデルワイスS」1着と好成績だが△。

 [馬番:8 ザレマ] … 前走「第54回 京成杯AH(G3)」1着。前々走「第57回 北海道新聞杯クイーンS(G3)」2着△。

 [馬番:12 ドラゴンファング] … 前走「奥多摩ステークス」で1着だが、本命要素には届かない為に×予想。

 [馬番:18 エイシンタイガー] … 前走「第54回 京阪杯(G3)」12着と振るわないが総獲得賞金額と成績で期待。

注目馬 / レース出走馬注目馬情報

 [馬番:2 キンシャサノキセキ] … 前走「第52回 毎日放送賞スワンS(G2)」1着で好成績。条件から見ても◎。

穴馬軸 / レース出走馬穴馬軸情報

 [馬番:13 プレミアムボックス] … 前走「第54回 京阪杯(G3)」で1着と過去成績から見ると期待大。対抗馬○。

阪神競馬場 11R G2重賞レース予想/買い目・馬券

 単勝式勝馬券: 2  複勝式勝馬券: 2  ワイド勝馬券: -  枠連式勝馬券: -

 馬単式勝馬券: 2-3 ,2-4 ,2-13    馬連式勝馬券: 2-3 ,2-4 ,2-13

 三連複勝馬券: 2-3-4 ,1-2-3 ,1-2-4 ,2-4-13 (4通り)

 三連単勝馬券: 2-3-4 ,3-2-4 ,2-1-13 (3通り)

 ◆  Box=ボックス買い F=フォーメーション M1=一頭軸マルチ M2=二頭軸マルチ =穴馬券
  
予想管理人の購入予定馬券

 単勝: 2  複勝: -  枠連: -  ワイド: -

 馬単: 2-3 ,2-4 ,2-13  馬連: 2-3 ,2-4 ,2-13

 三連複: 2-3-4 ,1-2-3 ,1-2-4 ,2-4-13  三連単: 2-3-4 ,3-2-4 ,2-1-13

管理人予想評価/レース配当結果

 予想立てとしては予想した軸馬がレース展開に予想通りに絡んできた事は予想する上で自信が持て嬉しい事

 でしたが、馬券を買う際に投資金をケチって手広く購入するべき勝ち馬馬券を買わなかった事でせっかく予想

 した軸馬が狙い通りに絡んできても当てていれば…と嘆いてしまう様な卓上の空論にしかならない当たり馬券

 だけは掴みたくないですが、購入資金を1000円と限っていたりすれば手数は限られるので、注意が必要です。

レース着順、3連単/配当金額

 レース予想 : 12-8-15  配当金額 : (馬単,馬連)的中,配当有り

 レース結果 : 2-13-17  配当金額 : 123,100円   826番人気

         : 2-17-13  配当金額 : 146,420円  1001番人気

的中馬券画像

 2009/12/20(日)/第4回 阪神カップ (G2) 阪神競馬11R 1400m芝 3歳以上・オープン-馬単的中馬券 2009/12/20(日)/第4回 阪神カップ (G2) 阪神競馬11R 1400m芝 3歳以上・オープン-馬連的中馬券

第4回 阪神カップ (G2)/出馬票・出走表
出馬票・出走表
枠番馬番馬名性齢騎手調教師成績オッズ
11ショウナンカザン牡4藤田 伸二本間 忍(美浦)(5.8.5.4)■4番人気
12キンシャサノキセキ牡6M.デムーロ堀 宣行(美浦)(7.2.3.11)■1番人気
23アーリーロブスト牡3武 豊本田 優(栗東)(3.3.0.5)■8番人気
24マルカフェニックス牡5角田 晃一松永 昌博(栗東)(5.1.5.15)■2番人気
35スズカコーズウェイ牡5藤岡 康太橋田 満(栗東)(6.3.4.12)■13番人気
36ストロングガルーダ牡3川田 将雅久保田 貴士(美浦)(4.0.0.4)■12番人気
47ワンカラット牝3藤岡 佑介藤岡 健一(栗東)(2.1.0.7)■3番人気
48ザレマ牝5北村 友一音無 秀孝(栗東)(4.7.4.14)■9番人気
59フィールドベアー牡6秋山 真一郎野村 彰彦(栗東)(8.9.7.18)■16番人気
510グッドキララ牡5四位 洋文川村 禎彦(栗東)(5.5.3.22)■18番人気
611マイネルレーニア牡3浜中 俊西園 正都(栗東)(6.1.4.19)■15番人気
612ドラゴンファング牝4岩田 康誠矢作 芳人(栗東)(5.3.1.3)■5番人気
713プレミアムボックス牝6幸 英明上原 博之(美浦)(8.0.4.15)■7番人気
714タマモナイスプレイ牡4熊沢 重文南井 克巳(栗東)(5.2.3.9)■14番人気
715アーバニティ牡5横山 典弘古賀 慎明(美浦)(5.2.2.5)■6番人気
816サンダルフォン牡6酒井 学松永 幹夫(栗東)(6.2.2.23)■17番人気
817サンカルロ牡3吉田 豊大久保 洋吉(美浦)(3.0.3.4)■11番人気
818エイシンタイガー牡3松岡 正海西園 正都(栗東)(4.3.5.4)■10番人気

レース結果/払戻金・レース順位
配当金(払戻金)
単勝2470円1番人気枠連1-7
1-8
600円
810円
2番人気
7番人気
複勝2
13
17
220円
540円
550円
2番人気
10番人気
11番人気
ワイド2-13
2-17
13-17
2,020円
3,270円
6,750円
21番人気
45番人気
94番人気
馬連2-13
2-17
2,960円
4,690円
21番人気
40番人気
馬単2-13
2-17
4,900円
7,190円
30番人気
50番人気
3連複2-13-1754,400円202番人気3連単2-13-17
2-17-13
123,100円
146,420円
826番人気
1001番人気

[各データ用語別解説]
注目馬  ・・・重賞/一般レースにおいて注目すべき注目馬の事。 ◎本命・○連帯・▲穴馬・△対抗の順に記号を掲載。 

穴馬軸  ・・・本命馬(軸馬)と連帯して入賞すれば十万馬券に化ける一攫千金の可能性がある穴馬。完全万馬券狙い。

入賞軸本命馬  ・・・重賞/一般レースにおいて枠内へ入賞が確実視される予想の要になる本命馬(軸馬)を3頭まで掲載。

連帯軸推奨馬  ・・・入賞軸本命馬に絡んで枠内へ入賞の可能性がある連帯の可能性がある連帯馬について3頭掲載。

軸馬別データ  ・・・注目馬/穴馬/入賞軸本命馬/連帯軸推奨馬に該当する各競走馬について競馬予想注目情報掲載。

馬券別買い目  ・・・予想管理人が出馬表データに基づき予想した各レース毎の勝馬投票券の推奨買い目を掲載する項。

配当金(払戻金) ・・・レースにおいて確定した勝馬投票券の着順番号と勝馬投票券の払戻し金額結果を掲載する一覧表。


第61回 朝日杯フューチュリティステークス (Jpn1・G1)/重賞予想
入賞馬予想表
注目馬
穴馬軸
注目馬    12 エイシンアポロン穴馬    10 ツルマルジュピター
入賞軸
本命馬
    12 エイシンアポロン     →    8 ローズキングダム    →    15 トーセンファントム
連帯軸
推奨馬
    5 ダッシャーゴーゴー   10 ツルマルジュピター
軸馬別
データ

[第61回 朝日杯フューチュリティステークス(Jpn1・G1)/2009/12/20(日) 発走 15:25/統計データ]

 ・1993年に「朝日杯フューチュリティS(Jpn1・G1)」を優勝した「ナリタブライアン」は翌年にクラシック三冠を制覇。

 ・1999年に「朝日杯フューチュリティS(Jpn1・G1)」を優勝した「エイシンプレストン」は海外G1制覇,2歳王者誕生。

 ・「朝日杯フューチュリティS (Jpn1・G1)」入賞馬の傾向として前走[重賞競争]出走の馬の活躍が著しく目立つ。

[単勝人気別統計データ]

 ・「朝日杯フューチュリティS」で初勝利を挙げた優勝馬の10頭全てがレースにおいて[2番人気以内]支持馬

  で、単勝オッズ人気が[2番人気以下]の競争馬においては同重賞レースに出走して優勝例が一つも無い。

 ・レースで入賞した3着以内馬の30頭中29頭が前走の単勝人気が[5番以内]だった馬で残る1頭については

  1999年に2着入賞した笠松競馬所属[レジェンドハンター]でJRA初出走、前走単勝人気は6番人気だった。

[前走レース別統計データ]

 ・入賞3着以内の競走馬30頭の中で前走レースが[重賞競争]だった馬は22頭で占有率は73.3%に昇る。

 ・連対で入賞を果たした馬の中で前走レースが[重賞競争]だった組14頭中12頭が前走[3着以内]好走。

 ・3着馬30頭の内、前走が[重賞競争]以外の出走馬で[3着以内]入賞だった馬は8頭で前走[1着]だった。

 ・前走レースが[重賞競争]で、4着以下から巻き返して優勝した馬は2004年マイネルレコルト(前走5着)と

  2007年ゴスホークケン(前走4着)の2頭のみしかいない。

[前走レース成績別統計データ]

 ・前走重賞成績が[重賞1着入賞]だった馬は勝率13.0%、連対率34.8%、3着内率43.5%。

 ・前走重賞成績が[重賞2着入賞]だった馬は勝率0%、連対率10.0%、3着内率30.0%。

 ・前走重賞成績が[重賞3着入賞]だった馬は勝率10.0%、連対率20.0%、3着内率30.0%。

 ・前走重賞成績が[重賞4着入賞]だった馬は勝率8.7%、連対率8.7%、3着内率13.0%。

 ・前走レースが[新馬戦・未勝戦]だった馬は勝率8.7%、連対率8.7%、3着内率13.0%。

 ・前走レースが[地方レース出走]だった馬は勝率0%、連対率50.0%、3着内率50.0%。

[前走成績条件別競争データ]

 ・前走成績:[重賞1着~3着以内]

  8ローズキングダム(1) 12エイシンアポロン(1) 15トーセンファントム(2)

 ・前走成績:[前走重賞4着~]

  5ダッシャーゴーゴー(4) 11フローライゼ(8) 14キョウエイアシュラ(6) 16ニシノメイゲツ(6)

 ・前走条件:[前々走重賞出走]

  2ダイワバーバリアン(4) 10ツルマルジュピター(3) 11フローライゼ(2) 12エイシンアポロン(2) 14キョウエイ…

 ・前走成績:[重賞以外前走1着]

  1バトルシュリイマン 2ダイワバーバリアン 3ガルボ 4ヒットジャポット 6キングレオポルド 13エスカーダ

[競走馬別ピックアップデータ]

 [馬番:5 ダッシャーゴーゴー]  … 前走「第45回 京王杯2歳S(G2)」4着、「ききょうS」で1着と可能性は有る。

 [馬番:8 ローズキングダム]   … 前走「第14回 東京スポーツ杯2歳S(G3)」1着,前々走1着で本命軸馬◎。

 [馬番:14 キョウエイアシュラ]  … 前走,前々走とも重賞レース参加で未入賞。入賞可能性の期待は低い。

 [馬番:15 トーセンファントム]  … 前走競争G3で2着,前々走いちょうSで1着で好走している事から期待○。

注目馬 / レース出走馬注目馬情報

 [馬番:12 エイシンアポロン]

  前走レース「第45回 京王杯2歳S(G2)(2009/11/14)」1着、前々走「第44回 デイリー杯2歳S(G2)(2009/11/14)」

  でも2着入賞と重賞レースで入賞を果たし、結果を残している事から今回の重賞レースでも確実に入賞◎。

穴馬軸 / レース出走馬穴馬軸情報

 [馬番:10 ツルマルジュピター]

  前走レース「クリスマスローズS(2009/12/06)」2着、前々走「第45回 京王杯2歳S(G2)(2009/11/14)」で3着

  入賞を果たしているが、入賞狙いでは軸馬としては×予想。穴馬として10万馬券を狙いたい人の為の穴馬。

中山競馬場 11R Jpn1・G1重賞レース予想/買い目・馬券

 単勝式勝馬券: 12,8,15  複勝式勝馬券: -  ワイド勝馬券: 12=8=15  枠連式勝馬券: 4=6=8

 馬単式勝馬券: 12=8 ,12=15 ,8=15    馬連式勝馬券: 8-12 ,12-15 ,8-15

 三連複勝馬券: F 12-8-15・5・10 (3通り)  三連単勝馬券: F 12-8-15・5・10 3通り

 ◆  Box=ボックス買い F=フォーメーション M1=一頭軸マルチ M2=二頭軸マルチ =穴馬券
  
予想管理人の購入予定馬券

 単勝: -  複勝: -  馬単: 12-8 ,8-12  馬連: 2-4 ,10-12  枠連: -  ワイド: -

 三連複: 8-12-15 ,5-8-12 ,5-12-14   三連単: 12-8-15 ,8-12-15

管理人予想評価/レース配当結果

 予想立てとしては予想した軸馬がレース展開に予想通りに絡んできた事は予想する上で自信が持て嬉しい事

 でしたが、馬券を買う際に投資金をケチって手広く購入するべき勝ち馬馬券を買わなかった事でせっかく予想

 した軸馬が狙い通りに絡んできても当てていれば…と嘆いてしまう様な卓上の空論にしかならない当たり馬券

 だけは掴みたくないですが、購入資金を1000円と限っていたりすれば手数は限られるので、注意が必要です。

レース着順、3連単/配当金額

 レース予想 : 12-8-15  配当金額 : 不的中,(馬単)配当有り

 レース結果 : 8-12-2  配当金額 : 6,720円  10番人気

的中馬券画像

 2009/12/20(日)第61回朝日杯フューチュリティS(Jpn1・G1)/中山競馬11R 1600m芝 サラ系2歳・オープン-馬単的中馬券

第61回 朝日杯フューチュリティステークス (Jpn1・G1)/出馬票・出走表
出馬票・出走表
枠番馬番馬名性齢騎手調教師成績オッズ
11バトルシュリイマン牡2武士沢 友治的場 均(美浦)(1.0.0.2)■10番人気
12ダイワバーバリアン牡2蛯名 正義矢作 芳人(栗東)(2.0.1.2)■5番人気
23ガルボ牡2吉田 隼人清水 英克(美浦)(1.1.0.2)■12番人気
24ヒットジャポット牡2江田 照男領家 政蔵(栗東)(2.1.1.1)■8番人気
35ダッシャーゴーゴー牡2佐藤 哲三安田 隆行(栗東)(2.1.0.1)■6番人気
36キングレオポルド牡2柴田 善臣堀 宣行(美浦)(2.0.0.1)■4番人気
47バトルレッド牡2田中 勝春介伊藤 大士(美浦)(1.0.1.1)■16番人気
48ローズキングダム牡2小牧 太橋口 弘次郎(栗東)(2.0.0.0)■1番人気
59エーシンホワイティ牡2安藤 勝己松元 茂樹(栗東)(2.1.0.3)■11番人気
510ツルマルジュピター牡2勝浦 正樹坂口 正則(栗東)(1.1.1.1)■13番人気
611フローライゼ牡2後藤 浩輝岩戸 孝樹(美浦)(1.1.0.1)■14番人気
612エイシンアポロン牡2池添 謙一岡田 稲男(栗東)(2.1.0.2)■2番人気
713エスカーダ牡2A.クラストゥス高市 圭二(美浦)(2.0.0.5)■15番人気
714キョウエイアシュラ牡2三浦 皇成矢作 芳人(栗東)(2.1.0.1)■9番人気
815トーセンファントム牡2内田 博幸松田 国英(栗東)(2.1.0.0)■3番人気
816ニシノメイゲツ牡2北村 宏司田村 康仁(美浦)(2.0.0.1)■7番人気

レース結果/払戻金・レース順位
配当金(払戻金)
単勝8230円1番人気枠連4-6620円2番人気
複勝8
12
2
120円
160円
290円
1番人気
2番人気
5番人気
ワイド8-12
2-8
2-12
260円
580円
810円
1番人気
4番人気
7番人気
馬連8-12590円1番人気馬単8-12980円1番人気
3連複2-8-121,820円4番人気3連単8-12-26,720円10番人気

[各データ用語別解説]
注目馬  ・・・重賞/一般レースにおいて注目すべき注目馬。 ◎本命・○連帯・●穴馬・△対抗・▲穴単の順に記号掲載。

穴馬軸  ・・・本命馬(軸馬)と連帯して入賞すれば十万馬券に化ける一攫千金の可能性がある穴馬。完全万馬券狙い。

入賞軸本命馬  ・・・重賞/一般レースにおいて枠内へ入賞が確実視される予想の要になる本命馬(軸馬)を3頭まで掲載。

連帯軸推奨馬  ・・・入賞軸本命馬に絡んで枠内へ入賞の可能性がある連帯の可能性がある連帯馬について3頭掲載。

軸馬別データ  ・・・注目馬/穴馬/入賞軸本命馬/連帯軸推奨馬に該当する各競走馬について競馬予想注目情報掲載。

馬券別買い目  ・・・予想管理人が出馬表データに基づき予想した各レース毎の勝馬投票券の推奨買い目を掲載する項。

配当金(払戻金) ・・・レースにおいて確定した勝馬投票券の着順番号と勝馬投票券の払戻し金額結果を掲載する一覧表。


阪神競馬場 新馬戦・未勝利戦・特別レース1R~10R・12R/着順予想
1R:サラブレット系2歳 未勝利 1200mダート [指定]馬齢 発走10:05
入賞馬予想表
注目馬
穴馬軸
注目馬    10 トーホウカツトップ穴馬    11 ホワイトミーナ
入賞軸
本命馬
    10 トーホウカツトップ  1 クールジャズ  9 サダムトウコン
連帯軸
推奨馬
     7 キセキ
軸馬別
データ

[1R:サラブレット系2歳 未勝利 1200mダート/レース統計データ]

レース出走馬一覧

 1 クールジャズ 2 テイエムランボー 3 トップオブカハラ 4 スペシャルイモン

 5 ギャンビット 6 メグチャン 7 キセキ 8 タガノムーンダスト 9 サダムトウコン

 10 トーホウカツトップ 11 ホワイトミーナ 12 メイショウジハード 13 マカニビスティー

[競走馬別ピックアップデータ]

注目馬/レース出走前注目事前情報

 [馬番:10 トーホウカツトップ]  … 前走「2歳未勝利戦」2着,前々走「2歳新馬戦」10着。前走レース成績は○。

穴馬 /レース出走前注目事前情報

 [馬番:11 ホワイトミーナ]     … 前走「2歳未勝利戦」13着,-9着-3前走「2歳新馬戦」13着で穴馬狙い●。

阪神競馬 R1レース/予想買い目

 単勝式勝馬券: -   複勝式勝馬券:-   ワイド勝馬券: -   枠連式勝馬券:-

 馬単式勝馬券: -   馬連式勝馬券: -   三連複勝馬券: -   三連単勝馬券: -

 ◆  Box=ボックス買い F=フォーメーション M1=一頭軸マルチ M2=二頭軸マルチ =穴馬券

レース着順、予想結果/配当金額

 レース予想 : 10-1-9  配当金額 : 不購買,配当無し

 レース結果 : 13-9-1 配当金額 : 85,250円  414番人気

的中馬券画像


2R:サラブレット系2歳 未勝利 1800mダート [指定]馬齢 発走10:35
入賞馬予想表
注目馬
穴馬軸
注目馬    3 ナリタシルクロード穴馬    4 マイネルタクティク
入賞軸
本命馬
    3 ナリタシルクロード  9 マコトヴォイジャー  5 タガノキャプテン
連帯軸
推奨馬
    7 トウケイウッドマン  1 トライアンフウィル  4 マイネルタクティク  6 ロングカムイ
軸馬別
データ

[2R:サラブレット系2歳 未勝利 1800mダート/レース統計データ]

レース出走馬一覧

 1 トライアンフウィル 2 メイキングドリーム 3 ナリタシルクロード

 4 マイネルタクティク 5 タガノキャプテン 6 ロングカムイ

 7 トウケイウッドマン 8 フライングブイ 9 マコトヴォイジャー 10 タッチマイハート

[競走馬別ピックアップデータ]

注目馬/レース出走前注目事前情報

 [馬番:3 ナリタシルクロード]  … 前走「2歳未勝利戦」2着,前々走全て「2歳新馬戦」で2着-2着-3着で◎。

穴馬 /レース出走前注目事前情報

 [馬番:4 マイネルタクティク]  … 前走「2歳未勝利戦」7着。レース出走は前走1レースのみで穴馬狙い●。

阪神競馬 R2レース/予想買い目

 単勝式勝馬券: 3  複勝式勝馬券: 3  ワイド勝馬券: -  枠連式勝馬券: 2-5 2-3

 馬単式勝馬券: 3-9 3-5   馬連式勝馬券: 3-9 3-5

 三連複勝馬券: 3-9-5     三連単勝馬券: 3-9-5

 ◆  Box=ボックス買い F=フォーメーション M1=一頭軸マルチ M2=二頭軸マルチ =穴馬券

レース着順、予想結果/配当金額

 レース予想 : 3-9-5  配当金額 : 不購買,配当無し

 レース結果 : 5-3-6 配当金額 : 23,700円  68番人気

的中馬券画像


3R:サラブレット系2歳 未勝利 1400mダート (混合)[指定]馬齢 発走11:05
入賞馬予想表
注目馬
穴馬軸
注目馬    4 ビートブラック穴馬    11 グッドティアラ
入賞軸
本命馬
    4 ビートブラック  9シゲルケンシン  12 ランドタカラ
連帯軸
推奨馬
    5 ミヤギマジック  11 グッドティアラ
軸馬別
データ

[3R:サラブレット系2歳 未勝利 1400mダート/レース統計データ]

レース出走馬一覧

 1 ウインドスピード 2 シンビオシス 3 シゲルヒデヨシ  4 ビートブラック 5 ミヤギマジック

 6 ノースアグネス  7 キングボーイ 8 シゲルハンゾウ  9 シゲルケンシン 10 ノブクィーン

 11 グッドティアラ  12 ランドタカラ 13 イカイカブラウン 14 タケミカデュラン

[競走馬別ピックアップデータ]

注目馬/レース出走前注目事前情報

 [馬番:4 ビートブラック]  … 前走「2歳未勝利戦」2着,-11着,「2歳新馬戦」4着で前走レース成績2着で○。

穴馬 /レース出走前注目事前情報

 [馬番:11 グッドティアラ]  … 前走「2歳未勝利戦」12着-4-11-11。前走レース成績は全くダメで穴馬●。

阪神競馬 R3レース/予想買い目

 単勝式勝馬券: -   複勝式勝馬券:-   ワイド勝馬券: -   枠連式勝馬券:-

 馬単式勝馬券: -   馬連式勝馬券: -   三連複勝馬券: -   三連単勝馬券: 4-9-12

 ◆  Box=ボックス買い F=フォーメーション M1=一頭軸マルチ M2=二頭軸マルチ =穴馬券

レース着順、予想結果/配当金額

 レース予想 : 4-9-12  配当金額 : 不購買,配当無し

 レース結果 : 9-4-5  配当金額 : 9,490円  18番人気

的中馬券画像


4R:サラブレット系2歳 未勝利 1600m芝・右外 [指定]馬齢 発走11:35
入賞馬予想表
注目馬
穴馬軸
注目馬    5 ヤマカツマヤリス穴馬    10 ラフェクレール
入賞軸
本命馬
    5 ヤマカツマヤリス  10 ラフェクレール  1 フラッパーウィング
連帯軸
推奨馬
    11 ローザフィオーレ
軸馬別
データ

[4R:サラブレット系2歳 未勝利 1600m芝・右外/レース統計データ]

レース出走馬一覧

 1 フラッパーウィング 2 カクテルローズ 3 ストームオーシャン 4 マイトップイモン

 5 ヤマカツマヤリス  6 トクノフラップ 7 マイネキラ 8 レディアルバローザ

 9 アイザーウェイ 10 ラフェクレール 11 ローザフィオーレ  12 タキオンコウショウ

[競走馬別ピックアップデータ]

注目馬/レース出走前注目事前情報

 [馬番:5 ヤマカツマヤリス]  … 前走「2歳新馬戦」2着。前走レース「2歳新馬戦」で成績が2着なので○。

穴馬 /レース出走前注目事前情報

 [馬番:10 ラフェクレール]   … 前走「2歳新馬戦」2着。前走レース「2歳新馬戦」で成績が2着なので○。

阪神競馬 R4レース/予想買い目

 単勝式勝馬券: 5   複勝式勝馬券: 5   ワイド勝馬券: 5-10 ,1-5 ,1-10

 馬単式勝馬券: 5-10・1    馬連式勝馬券: 5-10 ,1-5   枠連式勝馬券:1-3 3-5

 三連複勝馬券: 1-5-10    三連単勝馬券: 5-10-1 5-1-10

 ◆  Box=ボックス買い F=フォーメーション M1=一頭軸マルチ M2=二頭軸マルチ =穴馬券

レース着順、予想結果/配当金額

 レース予想 : 5-10-1  配当金額 : 不購買,配当無し

 レース結果 : 8-10-11  配当金額 : 18,990円  61番人気

的中馬券画像


5R:サラブレット系2歳 未勝利 2000m芝・右 (混合)[指定]馬齢 発走12:35
入賞馬予想表
注目馬
穴馬軸
注目馬    1 エドノヤマト穴馬    13 レーヴドリアン
入賞軸
本命馬
    1 エドノヤマト  13 レーヴドリアン  7 オウケンサクラ
連帯軸
推奨馬
    9 スマートグリッド
軸馬別
データ

[5R:サラブレット系2歳 未勝利 2000m芝・右/レース統計データ]

レース出走馬一覧

 1 エドノヤマト  2 ヤマカツセイリュウ  3 マイネルトレース  4 スナークトマホーク

 5 サクラルーセント   6 カミダノミ  7 オウケンサクラ  8 グランデリファール

 9 スマートグリッド 10 ナリタオンリー 11 リヴィアローズ 12 ナイスミーチュー 13 レーヴドリアン

[競走馬別ピックアップデータ]

注目馬/レース出走前注目事前情報

 [馬番: 1 エドノヤマト]  … 前走「2歳新馬戦」3着。前走レース「2歳新馬戦」で成績が3着なので○。

穴馬 /レース出走前注目事前情報

 [馬番:13 レーヴドリアン] … 前走「2歳新馬戦」3着。前走レース「2歳新馬戦」で成績が3着なので○。

阪神競馬 R5レース/予想買い目

 単勝式勝馬券: 1   複勝式勝馬券: 1   ワイド勝馬券: 1-13 ,1-7 ,7-13

 馬単式勝馬券: 1-7・13   馬連式勝馬券: 1-7・13   枠連式勝馬券:1-4 ,1-7

 三連複勝馬券: 1-7-13    三連単勝馬券: 1-13-7 1-7-13

 ◆  Box=ボックス買い F=フォーメーション M1=一頭軸マルチ M2=二頭軸マルチ =穴馬券

レース着順、予想結果/配当金額

 レース予想 : 5-10-1  配当金額 : 不購買,配当無し

 レース結果 : 13-5-7  配当金額 : 2,430円  1番人気

的中馬券画像


6R:メイクデビュー阪神 サラ系2歳 未勝利 1400m芝 新馬 [指定]馬齢 発走13:05

 -


7R:サラブレット系2歳 1800mダート・右 (混合)[指定]馬齢 発走13:35
入賞馬予想表
注目馬
穴馬軸
注目馬    1 サンライズマジック穴馬    6 サクラメテオ
入賞軸
本命馬
    1 サンライズマジック 2 イケイケゴーゴー 6 サクラメテオ
連帯軸
推奨馬
     -
軸馬別
データ

[7R:サラブレット系2歳 1800mダート・右/レース統計データ]

レース出走馬一覧

 1 サンライズマジック 2 イケイケゴーゴー 3 トップオペラ

 4 オーミフォレスト  5 ライクアゲイル  6 サクラメテオ

[競走馬別ピックアップデータ]

注目馬/レース出走前注目事前情報

 [馬番:1 サンライズマジック]  … 前走出走レース無し。今回のレースが初出場内枠コースから○推薦。

穴馬 /レース出走前注目事前情報

 [馬番:2 イケイケゴーゴー]   … 前走出走レース無し。今回のレースが初出場内枠コースから○推薦。

阪神競馬 R7レース/予想買い目

  左から順に 1-2-6 穴狙い- ※穴狙いは入賞薄覚悟

  1サンライズマジック 2イケイケゴーゴー 6サクラメテオ

[レース買い目]

 単勝,複勝式勝馬券: 1 勝馬券:1 ワイド勝馬券: 1-2 1-6 2-6 枠連式勝馬券: 1-2・3 2-3

 馬単式勝馬券: 1-2 1-6 2-1    馬連式勝馬券: 1-2 1-6 2-6

 三連複勝馬券: 1-2-6        三連単勝馬券: 1-2-6 2-1-6 1-6-2

 ◆  Box=ボックス買い F=フォーメーション M1=一頭軸マルチ M2=二頭軸マルチ =穴馬券

レース着順、予想結果/配当金額

 レース予想 : 1-2-6  配当金額 : 不購買,配当無し

 レース結果 : 4-1-5 配当金額 : 10,190円  40番人気

的中馬券画像


8R:サラブレット系3歳以上 500万円以下 2400m芝・右外 [指定]定量 発走14:05
入賞馬予想表
注目馬
穴馬軸
注目馬    1 ハートシューター穴馬    -
入賞軸
本命馬
    1 ハートシューター 14 サンライズスカイ 15 テイエムリュウジン
連帯軸
推奨馬
    5 ガンダーラ     4 ロードニュースター  6 ランブルジャンヌ
軸馬別
データ

[8R:サラブレット系3歳以上 500万円以下 2400m芝・右外/レース統計データ]

レース出走馬一覧

 1 ハートシューター 2 ナムラシンドバッド 3 アコニットライアン 4 ロードニュースター

 5 ガンダーラ    6 シゲルエボシダケ  7 ヨドノヒーロー   8 マイネルクロイツ

 9 ペプチドトップガン  10 パーソナルブレーン  11 ヴィジレ   12 ケイエスラック

 13 ポーラシークエンス 14 サンライズスカイ 15 テイエムリュウジン 16 ワンダーギャルー

 17 スズカマグナム 18 レイナソフィア

[競走馬別ピックアップデータ]

注目馬/レース出走前注目事前情報

 [馬番:1 ハートシューター]  … 前走レース全て「3歳未勝利戦」1着-3-3-6で前走レース成績から○。

穴馬 /レース出走前注目事前情報

 -

阪神競馬 R8レース/予想買い目

 単勝,複勝式勝馬券: 1 14  ワイド勝馬券: 1-14 1-15 14-15  枠連式勝馬券: 1-7 7-7

 馬単式勝馬券:1-14・15 14-1        馬連式勝馬券:1-14・15 14-15

 三連複勝馬券:1-14-15           三連単勝馬券:1-14-15 14-1-15

 ◆  Box=ボックス買い F=フォーメーション M1=一頭軸マルチ M2=二頭軸マルチ =穴馬券

レース着順、予想結果/配当金額

 レース予想 : 1-14-15  配当金額 : 不購買,配当無し

 レース結果 : 17-5-4  配当金額 : 233,380円  808番人気

的中馬券画像


9R:クリスマスキャロル賞 3歳以上1000万円以下 1400m芝・右 (混合) 発走14:35
入賞馬予想表
注目馬
穴馬軸
注目馬    12 アルーリングムーン穴馬    9 ハマノモナーク
入賞軸
本命馬
    12 アルーリングムーン 7 ステラーホープ 10 ロードバリオス
連帯軸
推奨馬
    4 ブルーデインヒル 5 エリモサリュート 1 ビンチェロ 9 ハマノモナーク 16 ニホンピロシェリー
軸馬別
データ

[9R:クリスマスキャロル賞 3歳以上1000万円以下 1400m芝・右/レース統計データ]

レース出走馬一覧

 1 ビンチェロ 2 ミルクトーレル 3 ハイフィールド 4 ブルーデインヒル 5 エリモサリュート

 6 ケンブリッジエル   7 ステラーホープ   8 アイディンパワー    9 ハマノモナーク

 10 ロードバリオス  11 スワン 12 アルーリングムーン 13 ミゼリコルデ 14 フェスティヴマロン

 15 トーセントゥルー  16 ニホンピロシェリー   17 クレバーデューク  18 トップオブピーコイ

[競走馬別ピックアップデータ]

注目馬/レース出走前注目事前情報

 [馬番:12 アルーリングムーン]  … 前走「葵ステークス」7着,前々走「3歳500万下」1着-2-2。休養期間×。

穴馬 /レース出走前注目事前情報

 [馬番:9 ハマノモナーク]    … 前走「3歳上500万下」1着,「有明特別」4着。地方出走馬で穴馬●で期待。

阪神競馬 R10レース/予想買い目

 左から順に12-7-10・4・5・1・9・16 ※9 ※穴

 単勝,複勝式勝馬券: 12         ワイド勝馬券: 7-10・12 10-12  枠連式勝馬券: 6-4・5

 馬単式勝馬券: 12-7・10 7-10    馬連式勝馬券: 7-10・12 10-12

 三連複勝馬券: 7-10-12        三連単勝馬券: 12-7-10 7-12-10

 ◆  Box=ボックス買い F=フォーメーション M1=一頭軸マルチ M2=二頭軸マルチ =穴馬券

レース着順、予想結果/配当金額

 レース予想 : 12-7-10  配当金額 : 不購買,配当無し

 レース結果 : 10-16-14  配当金額 : 210,360円  638番人気

的中馬券画像


10R:逆瀬川ステークス 3歳以上1600万下 1800m芝・右外 (混合・特指) 発走15:10
入賞馬予想表
注目馬
穴馬軸
注目馬    7 ベルベットロード穴馬    2 スペルバインド
入賞軸
本命馬
    7 ベルベットロード 6 ナリタクリスタル 9 スマートステージ
連帯軸
推奨馬
    2 スペルバインド
軸馬別
データ

[10R:逆瀬川ステークス 3歳以上1600万円以下 1800m芝・右外/レース統計データ]

レース出走馬一覧

 1 ダイレクトキャッチ 2 スペルバインド 3 フライングメリッサ 4 ウィルビーキング

 5 ロードアンセム   6 ナリタクリスタル 7 ベルベットロード 8 メトロノース

 9 スマートステージ  10 ブーケフレグランス  11 シルクドラグーン

[競走馬別ピックアップデータ]

注目馬/レース出走前注目事前情報

 [馬番:7 ベルベットロード]  … 前走「オリエンタル賞」1着,前々走「精進湖特別」4着。3前「本栖湖特別」3着。

穴馬 /レース出走前注目事前情報

 [馬番:2 スペルバインド]   … 前走「修学院S」4着,「八坂S」3着。3前「クイーンS(G3)」8着。重賞出走で△。

阪神競馬 R10レース/予想買い目

 左から順に7-6-9-2 ※2 ※穴狙い

 単勝,複勝式勝馬券: 7    ワイド勝馬券: 6-7 7-9 6-9  枠連式勝馬券: 3-5 4-5

 馬単式勝馬券: 7-6 7-9 6-9     馬連式勝馬券: 6-7 7-9 6-9

 三連複勝馬券: 7-6-9         三連単勝馬券: 7-6-9 6-7-9 7-6-2

 ◆  Box=ボックス買い F=フォーメーション M1=一頭軸マルチ M2=二頭軸マルチ =穴馬券

レース着順、予想結果/配当金額

 レース予想 : 7-6-9  配当金額 : 不購買,配当無し

 レース結果 : 6-10-7  配当金額 : 15,530円  51番人気

的中馬券画像


12R:サラ系3歳以上 1000万円以下 牝 1800mダート・右 [指定] 発走16:20
入賞馬予想表
注目馬
穴馬軸
注目馬     10 ジュモー穴馬    7 サンコロネット
入賞軸
本命馬
     10 ジュモー  8 タガノクリスエス   9 キクノセンヒメ
連帯軸
推奨馬
     7 サンコロネット   5 ヴェイルドクリス
軸馬別
データ

[12R:サラブレッド系3歳以上 1000万円以下 牝 1800mダート・右/レース統計データ]

レース出走馬一覧

 1 ツルマルローズ 2 ピサノルビー 3 ルアシェイア 4 ラストアロー 5 ヴェイルドクリス

 6 シーリーコート 7 サンコロネット 8 タガノクリスエス 9 キクノセンヒメ 10 ジュモー

 11 ホクトスワン  12 アスカルディ  13 イカガデスカ  14 ラルーチェ  15 ローザレーヌ

[競走馬別ピックアップデータ]

注目馬/レース出走前注目事前情報

 [馬番:10 ジュモー]    … 前走「3歳上500万下」1着,前々走「3歳未勝利戦」1-3-2。前走レース成績○。

穴馬 /レース出走前注目事前情報

 [馬番:7 サンコロネット]  … 前走「3歳上500万下」1着-2-5,。4前走「2歳未勝利」1着で連帯軸推奨馬○。

阪神競馬 R12レース/予想買い目

  左から順に 10-8-9-7-※5 ※5 穴狙い

 単勝,複勝式勝馬券: 10   ワイド勝馬券: 8-9・10 9-10   枠連式勝馬券:4-5 5-5

 馬単式勝馬券: 10-8・9 8-9     馬連式勝馬券: 8-9・10 9-10

 三連複勝馬券: 8-9-10        三連単勝馬券: 10-8-7・9 8-10-9

 ◆  Box=ボックス買い F=フォーメーション M1=一頭軸マルチ M2=二頭軸マルチ =穴馬券

レース着順、予想結果/配当金額

 レース予想 : 10-8-9  配当金額 : 不購買,配当無し

 レース結果 : 4-8-1  配当金額 : 303,120円  561番人気

的中馬券画像


[各データ用語別解説]
注目馬  ・・・重賞/一般レースにおいて注目すべき注目馬の事。 ◎本命・○連帯・▲穴馬・△対抗の順に記号を掲載。 

穴馬軸  ・・・本命馬(軸馬)と連帯して入賞すれば十万馬券に化ける一攫千金の可能性がある穴馬。完全万馬券狙い。

入賞軸本命馬  ・・・重賞/一般レースにおいて枠内へ入賞が確実視される予想の要になる本命馬(軸馬)を3頭まで掲載。

連帯軸推奨馬  ・・・入賞軸本命馬に絡んで枠内へ入賞の可能性がある連帯の可能性がある連帯馬について3頭掲載。

軸馬別データ  ・・・注目馬/穴馬/入賞軸本命馬/連帯軸推奨馬に該当する各競走馬について競馬予想注目情報掲載。

馬券別買い目  ・・・予想管理人が出馬表データに基づき予想した各レース毎の勝馬投票券の推奨買い目を掲載する項。

配当金(払戻金) ・・・レースにおいて確定した勝馬投票券の着順番号と勝馬投票券の払戻し金額結果を掲載する一覧表。


けいばくらぶ(漢字:競馬倶楽部)
 日本最初の競馬倶楽部も文久2年に横浜にでき明治38年に馬券の発売が黙許されて以降、競馬倶楽部

 が各地に乱立した。競馬法適用と同時に札幌・函館・福島・新潟・松戸・東京・横浜・京都・阪神・小倉・宮崎

 の倶楽部に統合され、文久元年(1861年)横浜の居留地で行なわれた競馬が我が国の初競馬とされる。

競馬倶楽部成立の経緯

 1908年、競馬規程制定より黙許されていた馬券の発売が禁止され、日本の競馬は公認競馬から補助金競馬

 へと移行した。その際、日本各地に15あった公認競馬の施行体(社団法人)は11に削減されかつ競馬倶楽部

 への改称を要求。こうして誕生したのが日本各地の競馬倶楽部である。

 1923年(旧)競馬法が公布され馬券発売が解禁されたその後、各倶楽部で現存する重賞の起源となる各競走

 が創設。1936年12月10日に日本競馬会が設立されたのを機に統合の形で翌1937年に各倶楽部は解散した。
 
競馬倶楽部と競馬場所在地

 ・札幌競馬倶楽部(札幌)

 ・函館競馬倶楽部(函館)

 ・藤枝競馬倶楽部(藤枝)→福島競馬倶楽部(福島)

 ・新潟競馬倶楽部(関屋)

 ・松戸競馬倶楽部(松戸)→中山競馬倶楽部(中山)

 ・東京競馬倶楽部(目黒→府中)

 ・日本レース・倶楽部(横浜)

 ・京都競馬倶楽部(島原→須知→京都)

 ・阪神競馬倶楽部(鳴尾)

 ・小倉競馬倶楽部(戸畑→三萩野→北方)

 ・宮崎競馬倶楽部(宮崎)

競馬倶楽部時代に創設された競走競馬倶楽部時代に創設された競走

 日本中央競馬会に引き継がれたもの。競走名は創設時のもの。()内は創設年・倶楽部名等。

 ・目黒記念 (1932年・東京)

 ・東京優駿大競走 (1934年・東京・現 東京優駿(日本ダービー))

 ・大障碍特別 (1934年・中山・現 中山大障害)

 ・中山記念 (1936年・中山)

類義語・対義語・関連語リンク

  ⇔

競馬用語:五十音別一覧
競馬用語:あ行競馬用語:か行競馬用語:さ行競馬用語:た行競馬用語:な行
競馬用語:は行競馬用語:ま行競馬用語:や行競馬用語:ら行競馬用語:わ行

かちうまとうひょうけん(漢字:勝馬投票券)
 「馬券」というのは俗称で「勝馬投票券」が正式名称。明治時代は「馬券」という語が公用語だった。

 明治時代には「馬券」という語が公用語であり、一般には「あな札」「賭け札」ともいわれていた。また、

 「勝馬投票券」というのは法律用語で、大正12年の競馬法制定の際に用いられ、現在に至っている。

 現在の「勝馬投票券」は8種類で、単勝・複勝・枠連・馬連・ワイド・馬単・3連複・3連単の馬券がある。

 「勝馬投票券」の購入の際には、「勝馬投票券」購入専用のマークカードに記入して買いたい馬券を購入する。

勝馬投票券の種類について

 ・①単勝(単勝式)

  ・・・一着になる馬を当てる勝馬投票券。通称「単勝」。馬番号を指定して購入します。

 ・②複勝(複勝式)

  ・・・三着までの馬のうち、一頭を当てる勝馬投票券。ただし出走馬が7頭以下の場合は二着まで。

 ・③馬単(馬番号連勝単式)

  ・・・一着と二着の馬番号を着順通りに当てる勝馬投票券。通称「馬単」。

 ・④普通馬複(普通馬番号連勝複式)

  ・・・一着馬と二着馬の馬番号の組み合わせを順不同で当てる勝馬投票券。通称「馬連」。

 ・⑤枠連(枠番号連勝複式)

  ・・・一着馬と二着馬が入っている枠を順不同で当てる勝馬投票券。出走馬が9頭以上の場合に発売。

 ・⑥ワイド(拡大馬番号連勝複式)

  ・・・一着から三着までに入る2頭の馬番号の組み合わせを順不同で当てる勝馬投票券。

 ・⑦3連複(馬番号3連勝複式)

  ・・・一着から三着の3頭の馬番号の組み合わせを順不同で当てる勝馬投票券。通称「3連複」。

 ・⑧3連単(馬番号3連勝単式)

  ・・・一着から三着の3頭の馬番号を着順通りに当てる勝馬投票券。通称「3連単」。

 以上の8種類の勝馬投票券があります。購入単位は100円からで最大購入限度額は一枚50万円まで。

特払い

 馬券の的中者がいない場合、馬券購入者に購入金を返還する制度。競馬法第8条の規定により、控除率分

 を減額し最大の26.2%を引いて73.8円、さらに10円未満切捨てにより70円が払い戻される。また、完走馬

 がいない、或いは3連勝式で2頭しか決勝戦に到達しないといった賭式が成立しない時に全額返還される。

 投票数の少ない地方競馬では稀に見られるが、中央競馬では単勝式で4例の特払いがあるのみで、過去40

 年近く発生していない。

類義語・対義語・関連語リンク

 ⇔

競馬用語:五十音別一覧
競馬用語:あ行競馬用語:か行競馬用語:さ行競馬用語:た行競馬用語:な行
競馬用語:は行競馬用語:ま行競馬用語:や行競馬用語:ら行競馬用語:わ行

アウトブリード(英名:outbreed)
  血統の5代前までに同一の祖先を持たないような配合を行うことをアウトブリードという。異系交配ともいう。
 
 目的としては、雑種強勢により馬の生産力・活力・運動能力が増強されることを期待するものとして行われる。

馬におけるアウトブリード

 サラブレッドはその性質上近親交配を行うのが常であるが、体質が弱くなるなどの副作用が発生すると言われ

 ており、これを回避するに、5代前までの血統に共通した祖先がいない場合に、アウトブリードが行われる。

 専門家の中ではもっと厳密に分けて5代血統表の中に全く共通した祖先がいない場合はアウトクロスと呼び、

 父か母にインブリードがあるが両親の間にインブリードが発生しない場合にアウトブリードと呼ぶ事がある。

 競馬のサイクルとしては遺伝力の強い種牡馬が現れ、その血を引く馬が大量に生まれると血統が飽和して

 衰退すると言われ、時に異系の種牡馬が現れるとアウトブリードとなって活躍する傾向がある。

 1990年、日本に輸入された「サンデーサイレンス」は典型的な異系種牡馬で、ナスルーラ(主にテスコボーイ

 やプリンスリーギフト)、ノーザンダンサー(主にマルゼンスキーやノーザンテースト)の血統で溢れてた日本

 の多くの繁殖牝馬に対して5代血統表に共通の祖先を持たないアウトブリード種牡馬となり、これらの牝馬と

 相性がよかった事で大きな影響を及ぼした。またアウトブリードで成功した競走馬はタフな馬が多いとされる。

 ただし、これらの概念は生産者側の経験則によって支えられている側面があり科学的な根拠として提示されて

 いるものを探すのは難しいのが現状。

アウトブリード血統の主な顕彰馬・GI(級)競走勝ち馬(日本国内)

 メイヂヒカリ  タケシバオー  テンポイント(父方5代前にPharosとFairwayの全兄弟クロスがある)

 メジロティターン  メジロマックイーン  ライスシャワー  ホクトベガ  ヤマニンゼファー  ナリタブライアン

 メジロドーベル  アグネスデジタル  カネヒキリ  アジュディミツオー  ディープインパクト

アウトブリード血統の主な有名馬(海外)

 クレペロ  ミルリーフ  セクレタリアト(母サムシングロイヤルも5代内アウトクロス)  カーリアン

 ドクターデヴィアス  ガルチ(5代前にBull dogとSir Gallahadの全兄弟クロスがある)  シガー

 ウォーエンブレム  シーザスターズ

類義語・対義語・関連語リンク

 ⇔インブリード(英名:inbreed)

競馬用語:五十音別一覧
競馬用語:あ行競馬用語:か行競馬用語:さ行競馬用語:た行競馬用語:な行
競馬用語:は行競馬用語:ま行競馬用語:や行競馬用語:ら行競馬用語:わ行

スピード指数(ベイヤー指数:Beyer Speed Figure)
 1975年にアメリカの競馬記者、アンドリュー・ベイヤー(Andrew Beyer)が考案。

 競走馬が出した走破タイムと「馬場状態・負担重量・コース形態・レース距離」等の情報補正を加え

 走破タイムを同一に比較できるようにしたスピード指数。スピード指数がそれほど注目されていなかった

 90年代前半「単純にスピード指数の上位馬を買うだけで儲かる」という現象を起こし一躍有名となった。

 90年代後半以降はこのスピード指数のメソッドが一般の競馬予想(競馬新聞の予想)にも組み込まれ

 スピード指数が一般的なものとなってきた。競走馬の能力を客観的に測る指数としては今でも重宝され

 スピード指数をベースにした競馬予想を展開する競馬評論家や馬券師が数多くいる。

競馬用語:五十音別一覧
競馬用語:あ行競馬用語:か行競馬用語:さ行競馬用語:た行競馬用語:な行
競馬用語:は行競馬用語:ま行競馬用語:や行競馬用語:ら行競馬用語:わ行
【Twitter Infomation】
【人気競馬記事ランキング】
【PR】バイアグラ・ED勃起不全治療薬/個人輸入代行
iDrug Store(アイドラッグストア)/個人輸入代行/バイアグラ・ED勃起不全治療薬/通信販売iDrug Store(アイドラッグストア)/個人輸入代行/バイアグラ・ED勃起不全治療薬/通信販売
【ブログランキング/Bookmark/PR情報】
■サイト案内Information【-PR-】無料競馬予想提供サイト
○RSS/更新記事
掲載済み記事一覧
○競馬予想/カテゴリ
重賞/競馬場別予想
一般/競馬場別予想
地方/競馬場別予想
PC版競馬予想サイト
携帯版競馬予想サイト
有料版競馬予想サイト
○競馬情報/カテゴリ
メールアドレス取得法
競馬関連用語句辞典
競馬予想ランキング集
携帯競馬攻略情報[PR]
勝利の方程式-競馬総合情報サイト無料競馬@予想サイト「勝利の方程式」勝利の方程式-3連単無料予想提供中!競馬総合情報サイト無料競馬@予想サイト「勝利の方程式」
無料競馬予想提供[勝利の方程式]
馬喰一門(うまぐいいちもん)-競馬予想サイトの決定版!競馬の常識を覆す!無料競馬予想情報公開!/馬喰一門事務局馬喰一門(うまぐいいちもん)-競馬予想サイトの決定版!競馬の常識を覆す!無料競馬予想情報公開!/馬喰一門事務局
無料競馬軸馬予想提供[馬喰一門]
大川慶次郎の馬券メソッド-競馬の神様と女神のパーフェクト馬券メソッド/株式会社ターフ大川慶次郎の馬券メソッド-競馬の神様と女神のパーフェクト馬券メソッド/株式会社ターフ
競馬攻略[大川慶次郎馬券メソッド]
▼参加ブログランキング一覧
ウマニティ(Umanity)公式サイト/競馬予想をみんなで楽しむ!サンスポ&ニッポン放送公認SNS競馬の予想情報をまとめてお届け!競馬インデックスはみんなの展望・予想をレースごとにまとめてあなたの競馬予想に役立てるサイトです。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
%plugin_third_content%plugin_third_content